上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さて、先ほど国境で出会った、50過ぎぐらいのおっさんオーストラリア人、
ピーターなる人物と、一緒にカトマンドゥに行くことになり、
ネパール側の国境の町、ビールガンジへとやってきました。

適当な旅行会社でバスのチケットを手配しようとするも、
どうも今はテロリストのせいで、道が閉鎖され、バスが通れないらしい。
インドのバスで知り合ったおじさんが、しきりに繰り返してた
テロリスト、ってこの事だったよう。

ピーター曰く、
「どうも本当に道路閉鎖されているらしい。平常時ならバスがあっても、無いと嘘をついて、
 併設の宿に無理やり泊まらそうとするんだけどね。今は本当にバスが無いから、
 宿もいっぱいらしい。バスも、運がよければ今夜あるかもしれない。」

そうですか、なら仕方ない。とりあえずバスの予約をし、旅行会社併設の宿で仮眠を取り、
バスが来たら起こしてもらうようお願いをする。

「部屋は二つの方がいいよね?」とピーターが言うので、「もちろん!」と言うが、
どうも、今は混んでいて、部屋ひとつ用意するのも難しいらしい。

仕方なく、二人で部屋をシェアすることになった。
まぁ、ピーターはおっさんだし、人も良さそうだし、大丈夫だろうと。
夜までだし、もし泊まることになったら、部屋をもうひとつ無理にでも
用意してもらおう、というつもりでいた。


しかしこのピーター、仲良くなるにつれ、えらく馴れ馴れしくなってきた

最初は気にならない程度だったボディタッチが、だんだんと頻度を増し、
顔の距離が縮まってきて、私が顔を背けないとくっついてしまうんじゃなかろうか、という状態。


こりゃやばいなー、、と思っているときに、幸運にもバスが到着!!
やったーー!とりあえず、夜はバスの中だーー!!まだ、安全だーー!!!

と思ったんですが。
ピーターは、マイカップにウィスキーのコーラ割を作り、バスの中でガバガバ飲み始めた。


もちろん、あっという間に目は空ろになり、行動言動怪しくなり、
私との距離を酔いに任せて縮めようとしてくる。

私が不快感を露にしているのに気づかないのか、気づかない振りをしているのか、
肩を抱こうとしてみたり、自分の肩に私をもたれさそうとしてみたり、
しまいには、私のブランケットの下から手を入れてきて、手を握ろうとする。


もちろん、ワタシ ブチギレ
「NO----!!!!!」
ばっしーーんっ、と手を叩いて、ピーターの膝の上に手を放り投げてやる。


結局、私がなびかないと分かると、大いびきをかいて寝だした。
しかも、私の席を奪って。
いやはや。私が金出して買った席やぞコラ。ボケ。

仕方なく、私は荷物がひしめいて、足の踏み場も無い通路の、
自分のバックパックの上で小さくなってましたよ。

おっさん、20年もネパールに通って瞑想をしてたわりには、
全然、煩悩が減ってないぞーーー!!
味噌汁で顔洗って、修行しなおしてこい、ばかやろーーー!!!!


(追記)
このネパール国境からカトマンドゥ行きのバス、おっさんに気を取られすぎて、
あまり気にならなかったけれど、途中、投石で窓ガラス割られるし、ガソリン無くなって
立ち往生するし、乗客が多すぎてドアからはみ出してるし、はみ出した乗客が落ちても
無視して走り去るし
、あまり良くなかったです。ネパールに越えるときには、大人しく
バラナシから越えるのが良いんじゃないでしょうか…。



Writer ちおり

2008.02.06 Wed l ネパール l コメント (0) l top
朝4時にラクソウル到着。
日が昇るまでバスの中で仮睡眠を取って、6時に国境に向かう。
バスの他の乗客に尋ねると、国境までは遠いから、リキシャを使った方が良いとの事。

リキシャのおっさんが20Rで行くといい、もう交渉もめんどくさかったので、
そのままOKし、イミグレへ。

で、問題はこのイミグレ。

パスポートを出すと、いぶかしそうにビザのページを見て、
「ジャイプールから入ったの?入国カードは受け取ってないの?」と言う。
確かに、入国カードは書いたけど、回収されて、受け取ってない。
「貰ってない」というと、「プロブレムだ」と言う。

「君は罰金を払って、このカードに記入をしなくてはならない。100RSだ。」

ええーー!?そんなんおかしくない!?入管のミスでしょ!?と言うが、首を横に振るだけ。
仕方なく、100RS払う。まぁ、300円やし…。と自分を納得させる。


がっくりしながら、ネパールへ。
そこは問題なく、通過。

で、そのイミグレで待ってるときに、でーっかい西洋人のおっさんが入ってきた。
さっき、インド側のイミグレでも見かけたなぁ、と思っていると、
ひとしきりの自己紹介の後に、
「君はさっき100RSインドで払ってたけど、あれはワイロだよ」と言われた。

ナニーー!!!??な、なんと…、あんな巧妙に騙すの!??

「あそこで渋い顔をしたら、彼はディスカウントしてくれたはずだよ」だとさ。
はぁー…。もう、インド、最悪やー。大嫌いやー。インド人は腐っとる。


このおっさん、名をピーターといい、年のころは50過ぎに見える。
インド、ネパールには20年前から通っているという、ベテランらしい。


で、私はこのおっさんを信用して、
一緒にカトマンドゥに行くことにしたんだけれど…。
これが、問題あり、だったんですね。。。

いやぁ、一人旅って、ほんと、タイヘン、、
次回へ続く。



Writer ちおり

2008.02.05 Tue l ネパール l コメント (0) l top
ブッダガヤからネパールのカトマンドゥへ。
ガイドブックには、『昔からよく知られたルート』と書いてあるものの、
このルートで抜ける人の話はほとんど聞かない。
なので、情報も少ない。

ブッダガヤからパトナー、国境のラクソウルまで行けばいいのは分かっているが、
パトナーからラクソウルまでのバスが何時にあるのか分からない。

出発前に、数人のインド人に、
「パトナーからラクソウルって町まで、何時にバスがあるか知ってる?」と聞いたものの、
数人が「いつもある」と言い、一人が、「夜9時にアル」といい、
一人が、「12時と夜中の2時にアール」とう、大変スバラシキ回答が返ってきた。

まあ、何時にバスがあろうと、結局遅れるのだろうと、何とかなるさと出発。

朝7時のバスで、ブッダガヤを出発。
3時間で着く予定が、まぁインディアンタイムなので当然、昼12時パトナー着。

ラクソウル行きのバスが何時にあるのか聞くと、
「もう朝の便は10時に出た。夜9時のしかない。」と言う。
仕方ないので、バスを予約し、近くの宿で、夜9時になるのを待つ。


夜になり、バス停に行ってみると、ツーリストは私一人。
もうちょっと、いるかと思ったんだけど…。
ぽっつーんと、現地人の中に取り残されたように佇む私。

ふ、不安。。。

周りのインド人は、じーろじろ(まぁいつものことなんだけど)、
穴の開くほど見てくるし。一人でこの視線に耐えるのは、つ、辛い。。

しかしながら、こちらから微笑みかけると、向こうもはにかみながら笑い返してくれるので、
敵意があるわけではないのですよね。珍しいだけで。

で、バスの中で仲良くなったおっさんが、たどたどしい英語で
「一人でネパール、行くか?」「今 アブナイよ」「テロリスト」と言う。

て、テロリストですか…。
確かに、ネパールでは多いと聞いてたけど、
今のタイミングでやらなくてもいいじゃないですか。

ふ、不安。。。

無事国境越えれるんやろうか…。



Writer ちおり

2008.02.04 Mon l インド l コメント (0) l top
やられました。
いや、おそらく、やられました。

今からインドのブッダガヤに行こうと思っている人がいれば、
そして、その方が女性であれば、しかも一人旅なれば、
ラク●ュミーゲストハウスは、避けた方が良いでしょう。

私の泊まってた部屋は、シングルの、廊下の途中から分岐した、狭い通路の突き当たり。
いかにも、誰もこなさそうな、覗きに最適な部屋。
この部屋の、ドアについている、来訪者を確認するための覗き穴。
そこにはめ込まれてるレンズが、内外、逆についてたんです。

どういう意味かと言うと、
元来、来訪者が誰かを確認するために、部屋から廊下を覗くためのレンズ。
外の廊下側からは、部屋の中がどうなっているのか見えなくなっていて、
部屋側だけから確認できるためのレンズ。これが、外側から覗けるようについてた。


つまり、廊下から、部屋の内部をそっくり覗けるようになってたと。


しかも、部屋の鍵が、内側からぽちっとドアについてるでっぱりを押して、
ノブを固定し、そのまま閉めるタイプの鍵。
これ、ちょっと細工をしたら、簡単に開くのよね。


昼間に覗かれて、部屋にいないときを見計らって物を盗られるだけならまだしも、
夜中に寝てるところを開けられて犯されたら、と思うと…。


ブッダガヤが、結構気に入ってきてたので長居しようかと思ってたけど、
もう、インドが嫌になりました。
明日、ネパールへ移動します。
ファーック、インディア!!!



Writer ちおり

2008.02.03 Sun l インド l コメント (0) l top
三太郎が、昨日からビパッサーナ瞑想を始めたので、
これから2週間ほどは一人旅。
というか、三太郎と、2週間以上顔を合わさないのは、
実は付き合い始めてから、初のこと。
いやー、びっくり。

そして、これまた恥ずかしながら、私は一人旅は初めて
だから、右も左もわからない。

「2年も旅行しとって、今更何を言うとんねん!」と思われるでしょうが、
いやぁ、勝手が違う、ほんま。

町を歩いて、声を掛けられる回数が、ぐっと増える。
インド人にも、そして外人にも。
そして、腹が立つことも、ぐっと増える。

二人だと、軽くあしらったり、
何じゃあいつと、お互い言い合ってうさを晴らせるけど、
一人だと、悶々とイライラを抱えるしかない。

二人だと、一人が荷物の見張り番、一方ががチケット買い役、と分担したりできるし。
食事のときも、一人だと寂しいし。
まぁ、その分、他の人と出会う機会も増えるんやけどね。

まだ一人旅に慣れませんが、初日だしね。
ゆっくり慣れて行きましょう。


Writer ちおり

2008.02.02 Sat l インド l コメント (0) l top
気づくと、二度目の海外で迎える正月。
去年は中米、グアテマラのパナハッチェル。
今年は、エジプト、ダハブ。
青い海を見ながらの年越しです。

2008年、春には日本に帰りますので、
みなさま、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

今年が、皆様にとって、
すばらしい一年でありますように!
2008.01.01 Tue l お知らせ l コメント (69) トラックバック (1) l top
現在、マタタビでキャンペーン実施中!
三太郎もタビプロとして、記事を書いてます!
ぜひこちらもご覧下さい。

↓下記はイスラエルの記事です。
2007.12.27 Thu l お知らせ l コメント (0) l top
イスラム教・シーア派の聖地、マシュハド。
その中心にあるのがハラムと呼ばれるエマーム・レザー廟で、
ここを目指して遠くから巡礼に訪れます。

ハラムは24時間営業で、夜の方が
ライトアップされて綺麗ということで、夜に行ってみました。

しかーし!ちおりはチャドルという黒い布を
着けてないという理由で入場拒否。。
黒い布を買ったのに、これはチャドルではない、と言われる。。
そんなんどうでもいいやんけ!
と思いながらも、宗教絡みの施設なので諦め、
僕ひとりで内部に侵入してきました!
(写真撮影不可なので内部の写真はありません)

それにしても、イランは男尊女卑、というか、女性に対しての制限が厳しく、
女性にとっては大変旅しにくいように思います。。


たくさんのモスクが並ぶ中を人の流れに乗って歩くと、
黄金の屋根と扉のエマーム・レザー廟に到着。
その前でたくさんの人々が絨毯に座り込み、お祈りしてます。
そして男性用入り口で靴を預けて中に入ると、、、

なんじゃこりゃーーーー!!!!

灯りはシャンデリア、モスク内部の装飾はすべて鏡でできていて、
光が反射し、キンキラキンに輝いてる!!
一般のモスクのような、お祈り場といった静かな雰囲気はまるでなく、
みんなでコーランを合唱してるし、
少しでも廟に触れようとみんな必死に手を伸ばす!
その雰囲気に思わず鳥肌が立っちゃいました。。
女性の黒ずくめの衣装もまた異様な雰囲気を醸し出してます。


そんな宗教の熱い思いと、建築としてのハラムの美しさに感動。。
1年9ヶ月ほど旅して感動が薄くなってるにも関わらず、
イラン初日にして衝撃を受けました。
イラン、おもしろいです。。

↓マシュハドのメイン通りから見たハラム。
 金色や青いモスクがたくさんあって、超巨大です。
071020a.jpg


Writer 三太郎
2007.10.20 Sat l イラン l コメント (0) l top
イランというと、アメリカ曰く『悪の枢軸国』。
アメリカの腰ぎんちゃくである、日本に住む私からすると、
イランと言うと、そんな恐ろしいイメージが最初に浮かびます。

ウズベキスタンでイランビザを取った時からかなり手間が掛かり、
たった7日間のトランジットビザなのに、ビザ代が71ドル!
申請時には、入国についての詳細なインタビューがあったりと、
「入国しにくい、旅行者をあまり歓迎してくれない国」
というイメージが、入国前からがっちりできあがってしまった。
しかもちょうど、イランの東、バムという町で
日本人男子学生が誘拐されてしまい、かなりドキドキの入国に。

大丈夫かな、誘拐されないかな、安全かな、と、
ビクビクしながら国境を越え、タクシー、バスを乗り継ぎ、
マシュハドと言う町を目指しました。

ビクビクしながらバスに乗ると、
黒づくめの女性が、親しげに話しかけてくれました。
「どこまでいくの?ツーリストなの??どこからきたの??」
初め、イスラムの女性はあまり話しかけてこない、と聞いていたので、びっくり。
しかも、相手の女性は、すらすらと美しい英語で質問してきます。
バスの値段や、町への行き方など、親切に教えてくれて、最後別れ際に、
「イランへようこそ!楽しんでね。」と一言。

うわー、こんないい人もいるんやー、と感動していると、
その人が去った後に、今度はおじさんが近づいてきて、
「どこにいくんだ、どこからきたんだ、イランは初めてか」
と、また質問ぜめ。
何か売りつけられるのかと身構えていると、一通り喋った後、
「イランへよく来た!!ありがとう!」と、一言残し、去っていきました。

な、なんだこの人の良さは??
イメージと違うー。

おじさんが去った後も、道がわからず地図を見ていると、
何処からとも無く人が沸いて出て、
「どうしたどうした」
「どこへ行くんだ」
「そして、お前はどこから来たんだ」
と、ワラワラと人が集まり、あーだこーだと話をした挙句、
「いい旅行を!」と、去っていく。
道を親切に教えてくれる人もいるし(大概、教えてくれる道は間違ってるんだけど)
わざわざ、連れてってくれる人もいる。
ボーッと立ってると、いきなり「これ食べなさい!」とお菓子をくれたり。
なんて、親切な人たち!!!

めちゃめちゃ人懐こくて、物凄く親切。
いい意味で、物凄く裏切られました。
いやー、すばらしきかなイラン!

ただ、その素敵なイランなんだけど、ひとつだけ、不満な点が。
イランでは、旅行者であっても、女性は布で頭を隠さなくてはいけないんです。
イスラム教が国教になってる、イランなので、まぁ、仕方ないんですが、
これが、実は大変。

↓めちゃめちゃ、似合ってません。
071019a.jpg


もう、はっきりいって、この黒い布をいかにうまく被るか、
そして、被ったものをずり落ちてこないように、いかにうまく維持するかに
体力と気力を費やし、ヘトヘト。。
みんな、よくこんな面倒くさいことを毎日やってるなー。

↓女性たちは、真っ黒の布で体を覆っています。
071019b.jpg


敬虔なイスラム教徒になると、目も出さず、手にも手袋。
真っ黒の袋が、モサモサと歩いている感じ。
いやー、宗教の力は、この面倒くささを超越できるほどなんですね。
すごいわー。


Writer ちおり
2007.10.19 Fri l イラン l コメント (0) l top
トルクメニスタンは、観光ビザで入国すると、
北朝鮮のように監視役兼ガイドが必ず付いて、
観光場所や写真撮影、宿泊先も制限されます。
(もちろんその分高くつく)

でも、僕達が取得した5日間のトランジットビザだと、
ガイドは無し、写真撮影も警察官に止められなければ自由、と、
ほぼフリー観光が可能なんです!
そして、民泊もできるので、
またまた民家に泊めさせてもらいましたー!(有料)

泊めていただいたのは、ドラーノフさん邸。
旦那さんがトルクメン人、奥さんがアルメニア人という、国際結婚ご夫婦。
さらに子供たちが8人いて、
何人かの息子家族も同じ家に同居してるので、まさに大家族!
いつも十数人の家族が出入りしてます。。

到着するなり、居間の絨毯に座らせてもらい、
お茶とご飯をごちそうになる。
キッチンのコンロは、温めるものがなくても常に火をつけっ放し。
お風呂のホットシャワーも常に流しっ放し。
一度止めると、再び火をつけるのが難しいからだとか。
ガスと水道が無料だからできることですが、
なんて資源の無駄遣いな・・・。
各家庭がやってると思うと、恐ろしい。。

そんなお家に3泊させてもらったのですが、
最終日は娘さんの21歳の誕生日。
21歳といっても、既婚で子持ちの立派なお母さんです。

家は誕生日の子の旦那さんのご家族も来て、大宴会!
女性は綺麗な民族衣装を着、男性はウォッカで乾杯、
雑談したり、兄弟の結婚式のビデオを見たり。
最後はやっぱり踊りまくる!

↓家族揃って記念撮影。
071016a.jpg

↓今日の誕生日の主役の奥さんと、旦那さん。
 綺麗なドレスはトルクメニスタンの民族衣装です。
071016b.jpg

↓ご夫婦の赤ちゃん。むっちゃ可愛い!!
071016c.jpg

↓ラブラブなお父さんとお母さん。
071016d.jpg

↓誕生日といえばやっぱりケーキ!
071016e.jpg

↓踊りを披露する奥さん。踊りもむっちゃ上手です。
071016f.jpg

↓みんな踊る踊る!
071016g.jpg


そして次の日は、朝早いのに
国境までわざわざ車で送って頂いたのでした。


「中央アジアの北朝鮮」ことトルクメニスタン。
この国の人々は活き活きしていて本当に親切で、
5日間だけやったけどむっちゃ楽しかった!

そして、ただの旅行者なのに、
こんな家族のイベントに参加させていただいたり、
車で送っていただいたりと、
ドラーノフさんご一家、本当にありがとうございました!


Writer 三太郎
2007.10.16 Tue l トルクメニスタン l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。