上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先にネパールに行ったちおりと合流するため、
独りインドのブッダガヤからネパールのカトマンドゥまで、国境越えです。

考えてみると、実は僕も、独りでの国境越えは生まれて初めて!
今まで一人旅はしてましたが、1ヶ月で1ヶ国とかの旅行で、
陸路で国境を越えたことがなかったんです。
でもまあ、この旅で散々国境を越えてきたから、大丈夫でしょう!

先に行ったちおりから情報をもらってたので、
バスの時間や値段、乗り継ぎ方法などもわかっていて、楽チン~♪
といっても、0泊3日、夜行バス2連泊の移動はきつい。

まずはブッダガヤからパトナーまでのバス移動。
瞑想仲間に見送られ、気分良く出発!
車窓から夕日が沈むのを見届け、
パトナーのバスターミナルに着いたのは夜7時、すでに真っ暗だ。

バスの出発は夜9時。
まだ時間があるので屋台でチャウメン(焼きそば)を頼むと、
人のよさそうなお客さんのおじさんが、綺麗な英語で、
「これは12ルピーだからね、それ以上は払わなくていいからね。」
と親切に教えてくれた!(もちろん正規価格)
いい人多いやん、インド人!

バスターミナルに到着すると、
まるでトラックの溜まり場のような雰囲気!
街灯のようなものは一切なく、真っ暗な中に、
デコトラのように輝くバスが100台以上、無造作に並んでる。
バスターミナルには英語表記はもちろん、ヒンディー語の案内板もなく、
そのバスにヒンディー語で書かれてた行き先だけが目印なので、
人に聞いていくしかない。
ここでもみんな親切に教えてくれるので、
問題なくラクソウル行きのバスに到着できた。
でも、よくこんなバスターミナルに独りで来たなーと、ちおりに感心。

国境の町、ラクソウルまでは、バスで7時間。
未舗装の悪路のため、バスは大きく揺れ、お尻が浮くほど跳ねる。
しかも振動で窓ガラスが開くので、むちゃくちゃ寒い!
でも瞑想を終えてきた僕には振動も寒さも気になりません!
いや、気になるけど、、瞑想の朝の寒さよりはましさ!

そんな環境の中で睡眠をとり、朝4時半に目的地に到着。
リキシャ(人力車)が客引きに来ていて、
「5時にイミグレが開くから、今からリキシャで行くとちょうどいいぞ」
と言ってくるが、まだ真っ暗なのでバスで仮眠をとることにする。
夜の移動は危険だからね。

目が覚めると、空が少し明るくなってた。もう6時過ぎだ。
リキシャに乗って、インドの国境へと向かってもらう。
そして、悪名高きインドのイミグレーションへ。
といっても民家のような小さなオフィスです。

そして、係官は、ちおりの時と同様、当然のようにお金を要求してきた。

係 「入国カードがないから、100ルピー払え。」(1Rs≒3円)
三 「ノー。」笑顔で返答。
係 「今日一番目に通るツーリストだ。だから100ルピーだ。」

よく分からん理由を付けられ、お金を請求される。
粘っていると、係官は50ルピーでいい、と値下げしてくれたが、
どうもタダでは通してくれない雰囲気だ。

三 「もう財布には30ルピーしかないから、これで我慢して。」
と係官の手に30ルピーをねじ込むが、
係 「他の場所にお金を隠してるんだろう。」
と図星に指摘される。。
でも、お願い、と笑顔でいると、渋々出国カードをくれた。ラッキー♪

それでも、書類を書いてる時も、
係 「君はエンジニアなのか、それなら100ルピー払え」とか、
係 「またインドに戻ってくるのか、それならデポジットとして200ルピー払え」
と、子供か、、と思うほどしつこくお金を要求してくる。

後はひたすら無視し、結局30ルピーで無事出国スタンプをもらえました!
これでちおりの仇は返せたかな?

これで、無事インド出国ー!
幸先のいい1日目の国境越えで、これならいけそう!?
ネパールは人がいいって言うしね♪

しかし、2日目に不運が待ってるのでした・・・。
次回へ続く。


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2008.02.13 Wed l インド l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。