上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ウズベキスタンの産業を支えているのが、綿花栽培。
ウズベク語では「パフタ」と言って、今がまさに収穫シーズン!
至る所に綿花畑があり、白い綿花を咲かせてます。

↓綿花畑。
071006a.jpg

↓真っ白な花を咲かせます。
071006b.jpg


ウズベキスタンでは今でも手積みで収穫しています。
特に収穫時期は学校も休みになって、家族総出でパフタを収穫。
1kg収穫して換金しても、たったの5円!
それでもコツコツ貯めて、お母さんにプレゼントを贈るんだとか。

もともとはロシアの政策によって開拓された、綿花畑。
機械で大量生産する国が多い中で、
いまだに手作業で収穫している国は少ないと思うし、
そのせいで国も貧しいのだと思う。

それでもウズベク人を見ていると、
貧しい生活の中にも家族の温かさが感じられたのでした。

↓綿花の収穫風景。
071006c.jpg

↓収穫され、山積みにされた綿花。
071006d.jpg

↓生活に密着した綿花は、食器のデザインにもなってます。
071006e.jpg


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.10.06 Sat l ウズベキスタン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/583-39eb89c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。