上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
070924a.jpg

宿で会ったドイツ人から
「ちょっとクレイジーになれるよ」と教えてもらった、緑の粉。

この緑の粉、何だかわかりますか??
これ、咬みタバコといって、
口に入れてニコチンを摂取するタバコで、
中央アジア各国ではおじさん達はみんなやってます。

そのドイツ人からはもらわなかったのですが、
咬みタバコをバザールで売っていたので、
おばちゃんに勧められて少しお試ししてみました。

↓咬みタバコ売りのおばちゃん。
070924b.jpg


おばちゃんが言うには、
緑の粉数粒を下前歯と下唇の間に入れろ、とのこと。
そして、絶対に飲み込むな、と。
言われた通りにやってみると、、、。

ゲ、激マズ!!

亀のエサのような、鳥のウンコのような味と臭いで
(そんなもの食べたことありませんがイメージです)、
唾液が大量に出てきて、飲み込まないようにすると
緑色と化したヨダレが口からダラダラ出てくるし、
唾液が大量すぎて自然と喉に唾液が入ってくる・・・。

周りにいた人たちが慌て出して、
はやく吐け!と言うので地面に緑の唾を吐き出し、
ホッと一息つくやいなや、
今度は頭がフラフラしだし、真っ直ぐ立てない・・・!

10m先のカフェまでフラフラしながらなんとか辿り着き、
うがいをして少しはましになったけど、
手足が冷たくなって痺れだし、
吐き気がしてきたのでトイレで
胃の中のものを全部吐いてしまいました。。

吐いた後も気分が悪いのですぐにバスで帰ったのですが、
途中も光が眩しく感じ、眠気が急激に襲ってきて、もうグッタリ。。


宿のみんなに報告すると、
またまたー、なんて言うので買ってきたやつを試すと、
ちおりを含めてみんな腰が砕け、床に倒れ込む・・・!

どうも、普段タバコを吸う人はそんなに影響はないようなんですが、
非喫煙者にはかなりきついみたい。。
こっちの人は緑の粉を咬みながらバスを運転してるんですがねー


ちょっとクレイジーどころか、死ぬかと思った緑の粉でした。。
もう二度と見たくもありません。。


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.09.24 Mon l ウズベキスタン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/578-6fb02d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。