上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カザフスタンへの入国が5日ほど延びてしまうので、
当初予定の無かったソンキョルという湖へ
一泊二日で行くことになりました。

山の中、高度3000メートルを越える辺鄙なところにあり、
行くには車をチャーターしないといけない。
お金が余りにもかかるため、行くのを渋ってたんですが、
ちょうど日本人3人が行く、ということ。便乗させてもらっちゃいました。

しかし辺鄙なところにある分、
湖と山、その周りにあるユルタという家以外は、何も無い。
とてもとても、綺麗なところ!
そして、寒い!!高度が高いからねー。
夜は、ペットボトルの水が凍ります。

↓湖と山
070915a.jpg

↓湖を取り囲むようにユルタが。
070915b.jpg

↓モンゴルのゲル、のようなユルタ。
 羊の毛、50頭分のフェルトを使ってます。
 もちろん折りたたみ可能。この湖の周りに住むのは10月頃まで。
 冬はとてつもなく寒くなるので、麓の町に住み、春にまた戻ってくるそう。
070915c.jpg

↓手前がトイレ。
070915d.jpg

↓馬の群れが歩いてます。
070915e.jpg


湖の周りでは、牛や馬がのんびりと草を食み、
音といえば、鳥の鳴き声と風の音くらい。

↓せっかくなんで、馬に乗ってみました。
070915f.jpg


馬に乗って、「綺麗やねー」と、のんびり散歩をしてると、
遠くのほうから、馬に乗ったおじさんがこっちを目指してやってくる。

なんだろう?と思っていると、
「君たち、すぐに出なさい。進入禁止区域に入ってる。」と。

えええ???進入禁止って、、湖にそんなとこあるん??

まぁ、禁止なら出ましょうと、馬を進めると、おじさんが、
「禁止区域に入ったので、罰金を払ってもらう」とのたまうではありませんか。

罰金!!??
そ、そんなん、困りますー!!

お金が無い、禁止区域なんて知らなかった、といっても、
おじさんは払えの一点張り。
いつのまにか、そのおじさんの仲間がどんどんやって来て、
周りを取り囲まれ、キルギス語か何かで書かれた意味不明の書類を取り出し、
署名しろだ何だと言ってくる。

「そんな、言葉のわからん書類に署名できるかってんだ、英語で説明やがれ!!」
と、(まぁ英語もわからんのですけど)いつもどおりに
タンカを切って対応するが、どうもおじさんら、引き下がらず。
それに村人たちまで加わって、てんやわんやの大騒ぎに。

め、めんどくせー。
しかも、おじさんらはキルギス語しか喋らんから、
言ってる事も、身振り手振りで想像するしかないし、
もちろんこちらの言葉も伝わらず。

冷静になっておじさんを見ていると、
どうも、進入禁止区域で、写真を撮ったのが気に入らない様子。
それならばと、機転を利かした日本人の女の子が、
メモリーカードを新しいものに取り替えて、
「おじさん、ほら!写真消したよ、これでいいでしょ!?」
と、カメラを見せた。

それを見たオジサン、
「あ、消したの??じゃ、いいよ。」

あっさり、放免。

よくやったー、素晴らしき機転!!
なるほど、写真がダメなのね。それならそう言ってよー。
疲れるやん。。。


と、まぁいつもどおりトラブルもありつつ、
それでもソンキョルを思い切り楽しんだのでした。


↓朝日に照らされたユルタ
070915g.jpg

↓牛の乳搾り
070915h.jpg

↓その乳からバターとヨーグルトを作るのです。
070915i.jpg


Writer ちおり
スポンサーサイト
2007.09.15 Sat l キルギス l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/572-42cc5026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。