上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
相変わらずビザ取得待ちで、だらーっとしてます。
ということで、どうでもいい記事をひとつ。


中央アジア諸国は、ロシア語圏。
それぞれキルギス語、カザフ語、ウズベク語、トゥルクメン語といった
母国語が別にあるんだけど、
ロシア語、各母国語ともキリル文字を使用しています。

これが結構厄介!

アルファベットと同じ文字だったり、似てる発音もあるんだけど、

(例) ※(キリル文字)⇒(対応アルファベット)

 А ⇒ A
 Е ⇒ Ye
 К ⇒ K
 М ⇒ M
 О ⇒ O
 Т ⇒ T
 В ⇒ V

まったく見たことのない文字だったり、

 Д ⇒ D
 Ф ⇒ F
 Γ ⇒ G
 Л ⇒ L
 З ⇒ Z
 Ш ⇒ Sh
 Ц ⇒ Ts
 Ю ⇒ Yu
 Ж ⇒ Zh

アルファベットと同じだったり似てるのに違う発音だったりして、

 И ⇒ I
 Н ⇒ N
 П ⇒ P
 Р ⇒ R
 С ⇒ S
 Я ⇒ Ya
 Ч ⇒ Ch

もう訳が分かりません。。

バスの行き先表示ももちろんキリル文字。
暗号解読のように行き先を読んでると、
その間にバスが行ってしまうこともしばしば。。

街でよく見る単語も、

 КОФЕ ⇒ CAFE
 ИНТЕРНЕТ ⇒ INTERNET

といった具合です。
もちろんこれらは外来語だからいいんですが、
まったく違うロシア単語を覚えなくちゃいけません。。

 АВТОВОКЗАЛ ⇒ BUS TERMINAL

まあ、文字の判別が付く分、
タイ語とかよりもとっつきやすいんですけどね。
久しぶりにまったく分からない言語圏に来てしまいました。

右脳と左脳を鍛えたい方、ぜひロシア語圏へ!


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.09.10 Mon l キルギス l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/571-9a5cd17b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。