上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
中国で一番暑く、雨が少なく、標高の低い町、トルファン。
天山山脈のふもとにあり、昔から「火州」と呼ばれるほど暑い町。
夏の平均気温38度、49度を記録したこともあるらしい。。ひえー。
紀元前2世紀から車師国が治め、
後、様々な漢人系王朝がここを支配していきます。
よってこの町の周辺には、数多くの遺跡が点在していて、
敦煌と並ぶ、シルクロードのハイライト。

私達は1日ツアーで見所を回ってきました。
このツアー、1日で遺跡やブドウ園など8箇所の見所を回るんですが、
参加者に中国人が多いと、見たい箇所が違って、
(中国人は、写真が撮れて、ブドウを食べれたら満足)
急がされたり、いらないところで時間を食われて大変ストレスがたまるという、
あたりはずれがとても大きいツアー。

で、私達のツアーはというと、、、
日ごろの行いのよさのおかげ、
とても楽しかった!!

中国人が多かったけれど、若い人が多く、
日本人(私達)、スペイン人、イギリス人と外国人も多く、
みんなの見たい場所がほぼ共通していたので、時間も有効に使えました。

↓まずは、ミナレット。
070818a.jpg


1777年に建てられたモスクで、ミナレットが有名なんですが、
近年の大改修のせいで、昔の面影は全くなし。価値なし。
入場せず、柵の向こうから写真を撮りました。

↓次は火焔山。西遊記にも登場する燃える山。
070818b.jpg


ここも、中国らしく、変な施設を作って、入場料を取ってます。
写真上の孫悟空も、その施設の入り口にあるもの。

↓火焔山手前に延々と続く柵を作り、中は有料。
 写真上の変な物体は巨大温度計らしい。何のため!?
 外から丸見えなんですが。。。
070818c.jpg


うーん、しょっぱなから、中国やってくれますね。。さすが。
何で、変な施設を作ったり、必要ない修理をしたりするかな。。

ちょっと、気勢を殺がれましたが、これぐらいで凹んでは
中国じゃ観光できません。次行きましょう。

↓次は高昌故城。ここは、あまり手を加えられておらず、
 この廃墟な感じがイイ!!
070818d.jpg

070818e.jpg

070818f.jpg


ここは、交河故城を都とする車師国を滅ぼした、
漢人の大国、高昌国の都。
インドに向かう玄奘が立ち寄り、手厚くもてなされたことで有名。

↓最後、車師国の都だった交河故城。
070818g.jpg

070818h.jpg

070818i.jpg


ここは、とても良かった!!
最後と言うことで、時間も1時間半貰い、
ゆっくり、一番奥まで歩いていきました。

手前は中国人ツアーでごった返していたけれど、
彼らは自分と看板の写真を撮ったら満足で、さっさと引き返していくので、
奥のほうは静寂そのもの。

打ち捨てられた都の跡には、ただ風が吹いていて、、
とてもとても、気持ちよかったです。


そうそう、ちなみに、ブドウ園に60元払って入った
外国人カップルは、「金返せ!」とキレてました。あはは。


Writer ちおり
スポンサーサイト
2007.08.18 Sat l 中国 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/549-41cd21db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。