上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ジンバブエは現在、経済制裁を受けています。
歴史上いろいろと問題があったんですが、
簡単に説明すると、こうです。

1980年、ジンバブエはイギリスから独立し、黒人政権が誕生する。
1997年、ムガベ大統領は、世界銀行やIMFによる
経済構造調整政策(貿易自由化)によって
国民の生活が苦しくなったことから、
貿易自由化に反対して、国内産業保護のための関税制度を強化した。
また、白人の農地を没収、国民に再配分し、白人を追い出した。
その結果、世界銀行やIMF、イギリスをはじめ、
資金援助している国々から経済制裁を受け、資金援助を停止される。
そして、急速なインフレが起こった。

とまあ、こんな感じです。本当はもっと複雑なんですが。

ジンバブエ政府のしていることは、
白人から土地を取り上げたりと、よくないこともしていますが、
自国の産業を守るために関税強化するなど、
いい方針だと思います。
貿易の自由化は、先進国に都合のいい、勝手な制度ですからね。
外国の力に頼らず、自国で生産しようとする。
日本も見習うべき点ではないでしょうか。

ただ、以前は医療費が無料だったのが、
今では病院に行っても薬がない、ということも。
もちろんジンバブエも、他のアフリカ諸国同様、
エイズが蔓延しています。

国民の、本当の辛さ、苦しさは、
この国の人々と同じように住んでみないとわかりません。
ただ、こんな国もあるということ、
そして、資本主義、先進国のもと、振り回されている国がある、
ということを知っておいて欲しい、と思い、ここに書きました。


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.05.15 Tue l ジンバブエ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/518-3ff8d56c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。