上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ダイヤモンドの町、キンバリー。

南アフリカの重要な資金源、ダイヤモンド。
人を魅了して止まないこの石は、キンバリーを一大都市に発展させました。

かの有名な、「デビアス社」の本社も、この町にあります。
世界中のダイヤモンド市場を牛耳り、流通量をコントロールしている巨大企業。
その本社が、この寂れた雰囲気の町に未だにある、ということから、
この町が、デビアス社にとって、どれだけ重要な意味を持つのか、よく分かりますよね。

↓デビアス社の看板
070424a.jpg

↓外観
070424b.jpg


この町には、ビッグホールと呼ばれる、巨大な穴があります。
これは、ダイヤモンドを掘るために、人の手だけで掘られた穴。
なんと、ガイドブックによると深さ393m、周囲1.6km!!

たしかに、展望台から見下ろす穴は、
人間が掘ったとは到底思えない巨大さ。

↓で、でかい。。隕石が落ちたよう。
070424c.jpg


人間の欲望と言うのは、おそろしい。。
こんな穴を掘っちゃうんだからねー。
未だに、このビッグホールの更に下では、
ダイヤモンドを掘る作業が続けられています。


ビッグホールにはダイアモンド博物館があり、
そこには、1866年、オレンジ川の川原で、少年が見つけた
21.25カラットのダイヤの原石、
ユーレカと名づけられたその石を、今でも展示しています。

ただ、その中は写真厳禁!
物々しい、映画に出てくるような、分厚い金庫の扉の向こう側の部屋に、
厳重に保管されていました。
この石が、記念すべき(?)南アフリカで見つかったダイヤの第一号。
ここから、次々と原石が発見され、
この国は、ダイヤモンドラッシュに沸いていったのです。



私はあまり、宝石には興味がないんだけど、
今回は、その宝石に向かう、人間の欲望に、圧倒されてしまった。。
あんな、ちっちゃいキラキラするものが、何万円もするんだもんね。
ひゃー、コワイ、コワイ。


Writer ちおり
スポンサーサイト
2007.04.24 Tue l 南アフリカ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/504-dabffdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。