上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
バソト族の国、レソト王国。
南アフリカの真ん中にポコッとあるこの国は、標高3000m近い所にある、
人口200万人にも満たない小さな国です。

この国のメインの観光は、ポニー・トレッキング。
こんな景色の中を、馬に乗って歩き回ります。

↓一面山と原っぱ!
070421a.jpg

↓標高が高いから空が近い!
070421b.jpg


高地特有の、山の斜面にまばらな草が生えた景色で、まるでチベットのよう。
それでいて、土に草を混ぜた円筒形の壁に、藁葺き屋根をかぶせた、
モンゴルのゲルを素材だけ換えたような家が立ち並ぶ。

↓こんなお家。
070421c.jpg

↓家の内部。生活の場所兼、農作物の倉庫でもあります。
070421d.jpg


この国の民族は、バソト族。毛布を羽織っているのが特徴で、
ほとんどの人が農業か遊牧をして生活しています。

↓これがバソト族。こんな毛布を羽織ってます。
070421e.jpg

↓馬はどんな山坂をも越える、素敵な移動手段です。
070421f.jpg

↓子供もロバに荷物を乗せてお遣い中。
070421g.jpg

↓こちらはお母さん。頭に荷物を乗せれば重い物だって運べるわ!
070421h.jpg

↓女の子は、燃料用の牛糞を拾ってました。
070421i.jpg


動物だって、彼らの立派な家族です。

↓牛は、畑を耕し、牛糞は燃料にもなります。
070421j.jpg

↓馬やロバは、人を乗せたり、荷物を運んだり。
070421k.jpg

↓放牧中の、大量のヤギ。
070421l.jpg

↓立派な毛並みの羊。
070421m.jpg


電気はないけど水と火がある。道はないけど馬やロバがある。
お金は少なくても、自然と共に生き、生活のサイクルが成り立っています。
そんな生活も、何だかモンゴルに似ている。
そういえば、バソト族の人々も、
高山でよく日に焼け、何となくアジア人に似た感じがする。

日本より遥か離れたアフリカの大地でアジアを見た、そんな気がしました。


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.04.21 Sat l レソト l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/501-a5bb80fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。