上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は恐怖の移動日。
ヨハネスブルクからスワジランドへ。
ヨハネスブルクは何が恐いって、移動日が一番危険なんです。
何しろ、バスターミナルに到着する旅行客を、
強盗さんは狙っているから。
今回は出発だからまだマシか。

僕らは「バズパス」を使わず、
地元の人が乗る、ミニバスで移動。
ちなみに白人さんは、ミニバスのことを「ブラックバス」と呼びます。
理由はもちろん、「黒人が使うバス」だから。
白人さんは誰も乗ってません。

ダウンタウンにあるバスターミナルまで車で送ってもらい、
バスターミナル内を足早にミニバス乗り場へ急ぐ。
危険な雰囲気と視線を感じながら、
何とかミニバス乗り場に到着。
でも、バスはまだ来ておらず、
ちおりと背中合わせになり、後ろからの襲撃(?)を防ぐ。

でも、待っていると、どこの町とも変わらない空気が流れている。
大きな荷物を持った黒人さんたちで溢れ返り、
家族の元に帰る人、物を売りに行く人など、
いろんな思いがあって、ここに集まっている。

そして、バスターミナルの中は、物売りだらけ。
サングラスや時計、ベルト、お菓子やティッシュ、
さらにはサッカーボールやガラガラ転がすオモチャなど、
何でそんな物をバスターミナルで売るんだ、という物まで売られている。

そして、僕達を見つけると、
「ニーハオ」とか「ブルースリー」とか、
どこから来たとか、どこへ行くんだとか、
陽気に話しかけてくる。
暗そうな顔をしてる人もいれば、ハイテンションな人もいる。

そう、危険なヨハネスブルクも、
悪いことをするのはほんの一部の人。
8割くらいの人は普通の人たちで、
みんな普通に生活してるんですね。

もちろん、今回僕達に何も悪いことが起こらなかったのは、
運が良かっただけかも知れません。
でも、バスターミナルに来て、人々の生活を垣間見ることができました。
これもヨハネスブルクなんですね。

ギュウギュウになるほど大人数を乗せて、
ブラックバスは走り出しました。

↓手前も左奥も、すべてブラックバス。
070331a.jpg

↓バスの中。1列4人掛け(日本なら補助席含めて3人)が基本。
 写真のバスは、充分綺麗な方。オンボロバスもあります。
070331b.jpg


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.03.31 Sat l 南アフリカ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/489-c612f28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。