上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
暗黒大陸、アフリカへ―。
黒人さんの大陸。人類が生まれた大陸。
少しビビる気持ちもありますが、
果たしてどんな旅が待ってるんでしょう!?

まずは南アフリカ共和国、
今や世界一デンジャラスな都市と言われるヨハネスブルクへ。

夜歩けない町、というのは多いけれど、
ヨハネスブルクのダウンタウンは、昼間も歩けない。
もし歩けば、100%以上の確率で強盗に襲われます。
(つまり、二度襲われることもある。)

もちろんそんな所に宿は取れず、
宿から空港までお迎えに来てもらい、
ダウンタウンから外れた白人さん経営のバックバッカーズに泊まる。
宿も、塀に高圧鉄線が張り巡らされ、
治安の悪そうな雰囲気が伺える。

では、どうしてこんな危険な都市になったのでしょう??

「アパルトヘイト(人種隔離政策)」は皆さんの記憶にも新しいはず。
1948年に作られ、1991年に全廃されるまで、
この法律の下、黒人は差別され続けた。
アパルトヘイト撤廃後、黒人に初めて投票権が与えられ、
1994年の大統領選挙でネルソン・マンデラが勝利し、
差別の無い国家の建設を目指した。
黒人は、今まで強制的に住まわされてきた黒人居住区から
仕事を求めて都心に流出するが、
都心に出たからといって仕事も無く、
(黒人の失業率は約50%近くまで達した)
結局、犯罪をしてお金を得る人が都心に溢れた。
治安の悪化により企業は都心から離れ、
都市の空洞化が進んだ。

黒人さんが悪い、というよりも、
それまでのむちゃくちゃな政策が問題で、
その歪みがそう簡単に戻らないんでしょうね。

↓郊外からも見える、ダウンタウンのビル群。
 邪悪なオーラがまとってるように感じるのは気のせい??
070327a.jpg

↓車から隠し撮りした、ダウンタウン。
 意外に人が生活していてビックリ。もちろん白人はいません。
070327b.jpg

070327c.jpg


今、日本では、南アフリカ投資が熱いらしい。
でも、どれだけの人が、南アフリカの実態を知っているのでしょう?
(かくいう私も詳しく知らないのですが。)

私が南アフリカを見る限り、
2010年のサッカーW杯開催も怪しいです。
治安の悪化の歯止めと、都市の再生は、
今後起こるのでしょうか??
2010年が楽しみです。


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.03.27 Tue l 南アフリカ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/485-47675f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。