上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
紀元後79年、ヴェスーヴィオ火山の噴火で
一瞬にして火山灰に埋まってしまった古代都市、ポンペイ。
1748年に発掘されるまで、火山灰の中に眠り、
当時のまま保存されていたという。

ポンペイは、中学校の英語の授業で知り、
いつか来てみたかったところ。
とうとうやって来ましたー!

↓ポンペイ遺跡とヴェスーヴィオ火山。
070320a.jpg

↓通りの石畳には馬車の轍の跡が残る。
070320b.jpg

↓大劇場。
070320c.jpg

↓かめが並んだ酒屋のカウンター。
070320d.jpg

↓昔の落書き。
070320e.jpg

↓浴場脱衣所のタイル。
070320f.jpg

↓噴水のモザイクが綺麗。
070320g.jpg

↓復元された死体から、死ぬ直前の姿が想像される。
 火山灰が石膏の鋳型のようになり、死んだ姿がそのまま残った。
070320h.jpg

↓ポンペイのお隣り、エルコラーノ遺跡。
070320i.jpg


人々はここでどんな生活をしていたんだろう。
そして、火山が噴火した時、どんなんだったんだろう。
想像しながら歩いてると、あっという間に時間が過ぎたのでした。


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.03.20 Tue l お知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/475-44a517d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。