上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
シズカさんは、以前JICAの青年海外協力隊で、
ホンジュラスに派遣されてました。
その派遣時代の村に、お邪魔させてもらいました。

そのオロポリという村は、
首都テグシガルパから車で約2時間。
ホンジュラスの、「典型的な村」といった感じで、
電気は通ってるけど、娯楽施設も特にない、小さな村。
シズカさんは、そんな村で、
村落開発のボランティアをされていました。

村落に限らず、途上国が発展するためには、
教育制度の発達が重要。
途上国・ホンジュラスでも同様に、学校教育が遅れている。

教育が遅れている原因は、先生だそう。
先生は、自分の資格取得、つまりは給料アップのために、
土日は都会まで学校に通うそうだ。
勉強熱心でいいじゃないかー!と思うところだが、
問題はその後。
土日に学校に通うため、本来授業を教える日の金、月曜に、
移動日と称して学校を休むらしい!!
しかも、その他の日に補修?をするわけでもなく、
授業は最低労働時間のぎりぎりしか教えず、
必要授業時間に全然足りてないそうです。

そんなだらけた先生達も、
賃上げ交渉のストライキはしっかりするらしい。笑
もちろんその間は学校は休校。
さらに授業は遅れて・・・。

ただでさえ先生の数が足りないのに、
先生のやる気がなく、さらに授業が進まない。
こんな状況だそうです。

せっかく子供達が勉強したくても、
勉強できる環境がないのは残念なこと。
やっぱり先生は、聖職者のようであって欲しいものです。

↓高台から見たオロポリ村。
070113a.jpg

↓中央がシズカさん。子供達に大人気!
070113b.jpg

↓子供達は無邪気で、本当にかわいい!
070113c.jpg



Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.01.13 Sat l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/409-0d8a88e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。