上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ベリーズ。
カリブ海に面する国。物価が高い国。
中米の中で唯一英語圏の国。
お洒落な国名から想像するに、
そこはどんなに素晴らしい国なんだろう!?

入国ビザと出国税2人合わせて175ドル(!)を出してでも、
その国へ行ってみたくて行っちゃいました!

でも、メキシコ側の国境の町から、危険な雰囲気が漂う。
黒人さんが多くなり、ラテンな陽気さが薄れていく。
馴れ馴れしく体に触りながらガムを売りつける少年。
断ると、「このケチのチーノ(中国人)が!●※△■♂・・・!!」
みたいな罵声を散々浴びせて去って行った。。

国境に到着し、メキシコをすんなり出国して、
ベリーズの入国手続きをする。
メキシコ人とベリーズ人、欧米人旅行者は
ビザ無しで簡単に国境越えをする中、
僕達日本人はビザを取得しなければならない。
ベリーズは、日本国パスポートが通用しない
数少ない国の1つなんです。

書類に記入し、なけなしの100ドルを払い、
手続きを待ってても、なかなかビザがおりない。
30分待ってもできないので聞いてみると、
「あんたらにはビザは出せない、メキシコに帰りな!」
なんて怒られる。。
いえいえ、もうメキシコ出国しましたから。。
メキシコはクリスマス休暇でバスがいっぱいで
もう戻れませんから。。

結局、数分で終わるはずの手続きが2時間も待たされ、
ようやくビザを発効してもらう。

そこから、首都のベリーズシティーへ向かうバスもおんぼろ、
首都のバスターミナルもおんぼろ。
町は危険な雰囲気が漂い、
黒人さんからよくわからない母国語で野次られ、
物乞いが「金くれ!」みたいに積極的に絡んでくる!ひぇ~!

ベリーズ。
そこは、貧しいのに、物価だけが高い国。
それがさらに貧富の差を生み、憎しみが生まれている様。
なかなか緊張感のある出だしです。
スポンサーサイト
2006.12.20 Wed l ベリーズ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/385-b564bc28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。