上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
メキシコ、と言われて思い出すのは?

サボテン、ドンタコスのおじさん(古い?!)、タコス?
いやいや、やっぱり、プロレスでしょう!!

そう、メキシコは、日本からもプロレス選手が修行に来る、プロレス大国。

日本ではあまり目にすることもなく、私はプロレスといわれると
アントニオ猪木とか、大仁田厚くらいしか思い浮かびません、すいません。
あと、1,2,3、ダーーッ、ってやつ。

でもまぁ、せっかくメキシコにいるんだから、
一度生プロレスを見てみようと、
生涯初めてプロレス場に足を運んだわけです。

メキシコのプロレスは、悪玉対善玉という、とても分かりやすいチーム分け。
善玉、悪玉ともに応援団がいて、リングの周りは
各応援団の鳴り物とがなり声でウルサイうるさい!!
しかもそれにくわえて、ここぞとばかりにみやげ物を売ろうとする
物売りの声も加わって、隣の人に話しかけるのも
大声出さないといけないくらい
ウルサイウルサイウルサイ!!!
平日の夜にもかかわらず凄い熱気に包まれております。
↓プロレス場の周りでも、
 こんなマスクやらTシャツやらブロマイドを売ってます。
 一番人気はミスティという銀色マスクの善玉レスラーらしい。
061128a.jpg



で、肝心の試合ですが、
3対3の善玉チーム対悪玉チームが基本。全部で5試合。
もともとは、余り豊かでない庶民のうさばらしとして始まったものなので、
最後は必ず善玉が勝つ、という暗黙の了解があるのだが、
最近は、結構悪玉も勝つみたい。
ただ、悪玉が勝つと、すっごいブーイング!!!
(悪玉を応援してる応援団もあるんだけどね)

内容は、かなりエンターテイメント性の高いもの。
パフォーマンスが結構派手で、
空とびまくり、空中サッポウがドンドコ出ます。
リアクションも派手で、あまり派手に痛がったりしすぎて、
「ほんまにそんなに痛いんかいな」と疑ってしまう。
確かに、すごい音して痛そうなんだけどね。わざとらしいのよ。

レフェリーを気絶させてその間に反則股間攻撃とか、
お笑い要素もあり、なかなか楽しい!
でも、中には反則に本気で怒って、立ち上がって指差して怒鳴ってる人も。。

レスラーと観客が近くて、場外乱闘になると、
リングに戻る前に観客と握手したり、喋ったり、
試合が終わると応援の垂れ幕をもらったりしてて、
なんだかほのぼの。

3試合目では、日本人レスラーも悪玉として登場し、
ちょっとうれしかったり。頑張れ日本人!!


↓パンフレット。
061128b.jpg


5試合、結構あっという間に終わっちゃいました。
おもしろかった!500円くらいでしたが、充分価値あり。

ただ、最後の試合の終了後、観客は「ほなカエロ」と、
ものすごくあっさり、皆さっさと帰って行ったのが、
ちょっとショックでした。。
あんたら、あんなに盛り上がってたくせに、
結構クールなのね。
スポンサーサイト
2006.11.28 Tue l メキシコ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/363-53efae70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。