上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は、ガイドブックにも載ってない、
レアル・デ・カトルセという小さな町を目指す。

この町は、ウイチョール人の聖地で、
10月4日の聖サンフランシスコの祝日には
多くのウイチョール人が巡礼に来るらしい。

でも、町が小さすぎるため、
サカテカスからバスを3つ乗り継がなければならない。
最後は石畳のボコボコ山道を上り、
一車線の信号式トンネルを抜けた所が目的地。

↓これがトンネル。抜けるのに車で5分くらいかかります。
061122a.jpg


着いた所は、今までのメキシコと一味違った雰囲気の町。
昔ながらのメキシコのイメージのような、
ソンブレロ(メキシコ帽子)をかぶった、よく日に焼けたおじさんや、
民族衣装を着た女性がたくさんいる。
スペイン風の、広場を中心とした街並みだけど、
岩を積み上げた家など、この町独特の街並み。

↓壁も道路も、ごつごつした岩でできている。
061122b.jpg

↓観光地だからか、道端には露店がいっぱい。
061122c.jpg

↓丘から見た、町の全景。山に囲まれてます。
061122d.jpg

↓そして、山の上にあるこの町からの風景は、
 メキシコの大地を見渡せてむっちゃ綺麗!
061122e.jpg


少し観光地化されてる感じはあったけど、
静かな雰囲気の、素敵な町でした!
スポンサーサイト
2006.11.22 Wed l メキシコ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/356-58620fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。