上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
プカルパというアマゾンの町までバスで20時間、
さらにそこから乗り合いタクシーで1時間、
ようやくサンフランシスコ村に到着!

サンフランシスコ村は、シピボ族という民族が住む村で、
シャーマンがたくさんいます。
そして、以前ブログで少し紹介した、エネルギーの強い村なんです。
一体どんな所なのか、その興味で来ちゃいました。
僕はエネルギーや霊感を感じる能力がないからあまりわからないけど、
雷が頻繁に発生してます。

この村、すごくのどかな雰囲気で、
緑がたくさんあり、家は茅葺屋根のような家ばっかり。
道路も土のままで、みんな裸足で歩いてるし、
車も乗り合いタクシー以外はほとんど走っていない。
アジアの田舎町を思わせるような場所で、
ペルーにもこんな所があったのかとビックリさせられました。

↓村の風景。緑の中にぽつぽつと家があります。
061101a.jpg

↓家は茅葺屋根。
061101b.jpg

↓こんな巨大看板が迎えてくれます。
061101c.jpg

↓信じられないでしょうが、これがメインストリートです!
061101d.jpg

↓シピボ族の像。
061101e.jpg

↓シピボ族の子供。
061101f.jpg


そして、宿も、サンフランシスコ村まで歩いて20分ほどの、
人里離れた緑の多い所にあります。

↓森の中にぽつんと宿があります。
061101g.jpg

↓サンフランシスコ村までの道。橋が沈没してるので、裸足で!
061101h.jpg


電気や水道は通ってますが、まったく文明から離れた場所に、
タイムスリップしたような感じがします。

さあ、いよいよシャーマンに会う時が近づいてきました!
スポンサーサイト
2006.11.01 Wed l ペルー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/335-cd75202e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。