上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
19日ぶりにカリを発ち、マニサレスに来ました!
ここマニサレスに来たのは、
先日のカリの日本語教師研修会で知り合ったかおりさんに会うため。

かおりさんは、JICAの青年ボランティアとしてコロンビアに来られ、
福祉施設でコロンビアの子供達に教育をしている傍ら、
コロンビアの大学生にも日本語を教えている。(はず?)
今日は、ちょうど大学生に日本語を教える日ということで、
授業を見学させてもらうことに。

普段、授業の進んでいる生徒をかおりさんが教えて、
最近入ってきたばかりの生徒をアシスタントさんが教えている。
でも、コロンビア人の授業のアシスタントさんが、
2人とも来れなくなったらしい。
かおりさん1人ではみんなまとめて生徒を教えなければならず、
生徒にとってもレベルの異なる授業で大変になるそう。
ということで、突然僕が先生代行をすることに!

僕が面倒を見たのは、ある程度進んでいる生徒達。
平仮名は読めて、簡単な挨拶や質疑応答ができるレベル。
日付の読み方(ついたち、ふつか、・・・)を習ったばっかりなので、
その復習と、今日は時間の読み方を教える。

それぞれの時間の読み方(いちじ、にじ、・・・、いっぷん、にふん、・・・)を教えた後、
時計の絵を描いて、
「これは、なんじなんふんですか?」
「しちじ、よんじゅっぷんです。」
「きょうはなんじにおきましたか?」(その後スペイン語訳)
「ろくじです。」
と繰り返す。

「3ふん」だったか、「3ぷん」だったか、僕が段々わからなくなってくる。笑
また、黒板に書く平仮名が、丁寧に書くのに緊張する。
じっくりやってみると、日本語って難しいなぁと実感しました。

その後、日本の歌「ふるさと」を歌い、
日本語の文化を教える、ということで、
仕込んできたNHK「ピタゴラスイッチ」の「アルゴリズム体操」をみんなで踊りました。
大学生にもウケて、いい感じでした!

↓こんな綺麗な教室で授業。「ふるさと」を歌ってます。
061018a.jpg


みんな、日本語に興味があって授業を受けてるので、すごく教えやすかった!
これからも楽しく日本語を勉強してくださいねー!
スポンサーサイト
2006.10.18 Wed l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/322-918bb340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。