上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
12月に行われる、エクアドルの大統領選挙。
3ヶ月前の今も、選挙活動に熱が増してきた。

街中には選挙事務所がたくさん並び、大音量を流して投票を呼びかける。
テレビでは立候補者の活動や公約をうたい、
「VOTA TODO 7!(ボタ・トド・シエテ!=みんな「7」に投票して!)と
頭に残るぐらい繰り返すCMも多い。

↓選挙事務所の様子。
060926a.jpg


エクアドルではインディヘナが多く、文字も読めない人も多いため、
立候補者の顔写真と数字で、どの候補者かわかるようになっている。

現在一番優勢なのは、左派(社会主義、共産主義)候補のラファエル・コレア氏。
先日、ベネズエラのチャベス大統領が
アメリカのブッシュ大統領を「悪魔」と呼んだことに対して、
「知的に劣った者と比較するのは悪魔に失礼だ」と述べた人物。笑
反米感情の強いエクアドルではこの発言が好感を持って受け止められて、
さらに人気が上がっている。

「反米である」ということは、南米では強い追い風となる。
ベネズエラやボリビアもキューバと左派連合を形成していて、
エクアドルも加われば大きな力となるだろう。
南米は天然資源も多く、食料自給率も高いので、
アメリカ主導の世界情勢に頼る必要がないと思う。

南米もヨーロッパも、アメリカの政治に見切りを付け始めてる気がする。
日本も、いつまでもアメリカの言いなりになっていていいのだろうか。

※関連ニュース記事はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061005-00000009-reu-int
スポンサーサイト
2006.09.26 Tue l エクアドル l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/300-8b4df97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。