上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サンクリストバル島のガイドマップを見ると、
拠点のバケリソ・モレノから東に10kmの所に、
野鳥がいっぱいいるエル・フンコという湖があった。
おなかを赤く膨らませた、求愛しているグンカンドリに会いたい!
ということで、エル・フンコへ行くことに。

タクシーで島巡りなんて邪道、
やっぱり貧乏性の僕達には、チャリンコが一番!
ということで、またまたレンタサイクルしちゃいました。
今日は砂浜がないから大丈夫でしょう。

チャリンコを借り、さあ出発!
と思ったら、ちょうどタクシーが通りかかり、声を掛けられた。
「エル・フンコに行くの?上り坂だからしんどいよ。
 後ろにチャリンコが乗るから、
 行きだけタクシーで行きなよ。10ドルだよ。」
・・・なるほど、確かにそれもいいなー。。

というわけで、誘惑に負け、
行きだけタクシーのお世話になることに。

タクシーに乗ること15分、楽々目的地に到着ー♪
でも、今日は雨は降ってないけど、すごい濃霧が。。

歩けど歩けど、周りは霧だらけで、
死後の世界を彷徨ってる感じ。さようなら~↓a
060916a.jpg

目的地の湖についても、視界は数メートル。
野鳥どころか、湖もほとんど見えません。。↓
060916b.jpg


なんじゃこりゃ、こんなんで帰るには、
レンタサイクル+タクシー代の基はとれん!

ということで、ガイドマップで次の目的地を探すと、
さらに東に10kmほど行った所に綺麗な浜辺&野鳥スポットが。

帰りに上り坂を上らなければいけなくなるけど、
時間もあるし、海辺なら霧も晴れてるやろうし、
行っちゃおっかー、ということで、下り坂を下り始めた。

そこで、借りたチャリンコに初めて乗ることに気づく。
乗ってみると、すごく乗りにくく、
ギアチェンジは壊れてるし、ブレーキは利かない。
しかも、こいでるとチェーン外れるし。。

猛スピードで坂道を下るチャリンコにひいひい言いながら、
少しでもスピードを緩めようとブレーキをひたすら握り、
腕はパンパン。。

そして、目的地のプエルト・チーノに到着。
残念ながら、おなかを赤く膨らませたグンカンドリはおらず。

↓浜辺は綺麗でした。
060916c.jpg

↓これもグンカンドリ。でもおなかは膨らませてません。
060916d.jpg


帰りは上り坂。
ギアチェンジの利かないチャリンコでは坂を上ることができず、
ひたすら押して坂を上がることに。。

言葉もなくなり、下り坂を下りたことに後悔しつつ、
チャリンコを押し続けて3時間。
最後は坂の頂上に着く前に通りがかった車をヒッチハイクし、
車の荷台に揺られて帰りました。。

何のためにレンタサイクルしたんだー!
チャリンコ・リベンジならず。

↓オマケ。見れなかった、おなかを赤く膨らませたグンカンドリ。
060916e.jpg

スポンサーサイト
2006.09.16 Sat l エクアドル l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/290-2f4cb9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。