上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ガラパゴスで、人の住んでいる島はたったの4つだけ。
私達は今回、そのうち3つの島に行く予定。
サンタクルス島が今いる島で、後はイザベラ島とサンクリストバル島。
ツアーに入っていないので、
フェリーが定期的に出ている島にしかいけないのです。

そして、本日は、誰に聞いても「あそこはいいよ!!」と言われる
イザベラ島へ行くのです!

フェリーで2時間半と聞いていたので、
まぁ、たいしたこと無いだろうとタカをくくっていたのですが…。

フェリー乗り場に行くと、ん?まって?
これがフェリー???
これは、フェリーと言う乗り物なの??
どこからどうみても、小舟ですが…。


青くなっていても、誰も何も気にしてもくれず、
荷物をポンポンと小舟に投げ込み、ハイ出発!

嫌な予感は的中!!
揺れるなんてもんじゃない、
これは、飛んでますよ、船長さん
猛スピードで荒れ狂う海を突っ走る!!!

10人弱の乗員は、最初「キャー」とか何とか言ってたものの、
しばらくすると誰も彼もが無口になり、
ただただ必死に小舟のヘリにしがみつき、
かかる水しぶきも気にせず、気持ち悪さに吐く余裕も無いまま
時折飛び上がったり、大波に揺られひっくり返りそうなボートに青くなり、
ひたすら海に放り出されないようその揺れに耐えておりました。


何とか到着したときには、みんなグッタリ…。
2時間半の間に全員5歳は老け込んでの到着。

ほうほうの体でそれでもホテルを探し、宿をとり、
ご飯を食べに散歩に出てみると、

↓息を呑むような一面の白い砂浜!!
060908a.jpg

ぽこぽこと開いた穴からはカニが時折顔を出し、
何を探しているのか、鳥たちが砂浜をつついては、
寄る波と遊んでいます。

↓そして、その海岸では子供たちが楽しそうに遊んでいます。
060908b.jpg


言葉を無くして、この美しい光景をひたすらに見つめるのでした。

ああ、あの小舟の恐怖が、この砂浜を見るための条件なんだったら、
十分に耐えうるものだよなぁ、と変に納得しながら。

↓そして、夕焼け。
060908c.jpg

スポンサーサイト
2006.09.08 Fri l エクアドル l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/282-2b27b007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。