上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ここエルミラグロで、日本の終戦記念日を迎えました。
太平洋戦争の終戦によって、
日本はいろんなものがアメリカ化された。
1948年にできた、「大麻取締法」もその1つ。
今日は、マリファナの原料である大麻の話をしよう。

戦前の日本は、至る所で大麻を栽培し、
大麻の繊維からは衣類や日用品、
種子は食料、油は食用や灯油として利用してきた。

それが、アメリカ軍の、
「米軍兵士のマリファナ喫煙を取り締まるため」
を理由に、大麻取締法が制定され、
日本では大麻の栽培ができなくなったんです。

でも、この理由は、実はただの表向きの理由。
実際は、石油化学産業を中心とする
大企業の策略だったんです!!

石油と同様に、油や衣類、プラスチック製品、
さらには医薬品までもが作れた大麻は、
石油化学産業や製薬業界にとっては邪魔者。
それを、「大麻からマリファナが採れるから」を理由に、
世界中の大麻の生産を禁止に追いやったのです。。
恐るべし、アメリカ。

石油資源が有限なのはともかく、
石油からたくさんの二酸化炭素やその他有害ガスが発生し、
地球環境を汚染しているのは既知のこと。

それに比べて大麻は、成長が早いから簡単に作れるし、
大麻燃料は無公害ガスで、地球にもやさしい。
クリーンエネルギーの他にも、
大麻は木材に代わる紙パルプ資源だったり、
食料や繊維、プラスチック、エイズやガンの治療薬など、
いろんな用途に使えるものとして期待されている。

地球に優しく、いろんな可能性を秘めた大麻。
ヨーロッパでは、マリファナのような成分のない、
産業用大麻が既に作られているそう。
大麻が日本で栽培される日は、そう遠くない!?

※今のところ、大麻を栽培したら逮捕されるのでご注意を。

スポンサーサイト
2006.08.15 Tue l エクアドル l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/258-bd2d9503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。