上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
インカ時代よりも前のプレ・インカ時代に、
なんと脳外科手術をしていた跡が!!

ナスカの近く、イカという所の博物館に、
脳外科手術をした形跡のある頭蓋骨が、たくさんあります。

脳外科手術跡。つまり、頭蓋骨に穴が開いてます。
しかも、その穴を塞ごうと骨が成長した跡があることから、
頭蓋骨に穴が開いた状態でも人は生きていたらしい。

おそらくケガの治療か、
アマゾンの呪術師、シャーマンがおでこに棒をつけるため、
頭に穴を開けたのではないか、と思われます。

博物館にあったフィギュアによると、
サボテンや薬草から採れるエキスの混合液を飲んで意識を混乱させ、
石とやじりで頭蓋骨を削ってたそうです。
大変痛そうでした。

その他にも、小さい頃から頭の前後を板で挟み、
頭蓋骨を細長く変形させていたらしい。
シャーマンは、そうやって頭の形を変えることで、
神と交わることができると考えられてたそうです。

写真がないのが残念ですが、
見てみたい人はぜひイカの博物館まで。
ペルーの首都・リマからバスで約5時間です。

ちゃんちゃん。

スポンサーサイト
2006.07.27 Thu l ペルー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/238-c0b98f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。