上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさん、マチュピチュの「グッバイボーイ」をご存知でしょうか?

マチュピチュからの帰り道、
マチュピチュを出発するバスを見送った少年が、
バスがジグザグの坂道を下りる度に現れ、
「グッバーイ!」と叫びながらバスを見送り、
最後にバスの乗客からチップをもらう、というもの。

昔は毎日このグッバイボーイが現れたのですが、
少年が学校に行かなくなるということで、2003年から禁止されたそうです。
それが最近、土日に限ってはグッバイボーイが復活したそう。

僕はそんなことも知らず、
ただ帰りのバス代6USドルをケチるため(笑)、
僕は友達と約1時間かけて階段の歩道を歩くことに。
(ちなみにちおりはバスに乗車)

↓こんな坂道。横がマチュピチュ。高低差400m!
 ジグザグの真ん中らへんに歩道があります。
060716a.jpg


歩道を下り始めてまもなく、
後ろから民族衣装を着た少年が走ってくるではないですか!!
これはもしや、グッバイボーイ!?

そう、マチュピチュへ行った昨日は、土曜日!
運良く、グッバイボーイに出会えたのです!

で、せっかくグッバイボーイに出会えたので、
僕達もグッバイボーイになっちゃおうじゃないですか!!

ということで、少年の後を必死に走る!
車道に出て、バスに向かって一緒に「グッバーイ!」と叫ぶ!
バスが通り過ぎたら、次の歩道をまた駆け下りる!

ということを繰り返し、山の下まで走っていく。

ではここで、グッバイボーイの秘密を2つ明かそう。

①グッバイボーイがタイミング良く車道に現れるのは、
 早く道路についても隠れていて、
 バスが来るタイミングで道路に飛び出すから。
 (途中までは、結構余裕があります。)

②僕らも車道に早く着くことができても、
 彼らの仕事の邪魔になるので、少年より前に出るな!と言われる。笑

だから、途中までは、僕らも何とかバスに追いつけた。
でも結局、最後のグッバイポイントで、
僕と友達はバスに置いていかれてしまいました。。
歩道のある場所と、ペース配分を把握してたら、絶対追いつけたのにー!

でも、グッバイボーイは、ほんまに速い!!
よく、ガタガタの急な階段や坂道を、
しかもゴムサンダルで(!)走るなぁと感心する。
また、僕が足を滑らせてこけそうになった時も、
少年は立ち止まってくれて、
「大丈夫か、アミーゴ!?」と気遣ってくれた。
なんてやさしい少年なんだーー

グッバイボーイ、完敗です。。

↓最後に、着替え中のグッバイボーイと会うことができました。
 少年は13歳。ナイスランにチップを弾んじゃいました。
 ちなみに少年の衣装は、インカの飛脚、チャスキのものです。
060716b.jpg


※ちおりいわく、バスから見た僕らの姿はかなりマヌケだったそうです。

スポンサーサイト
2006.07.16 Sun l ペルー l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

朝時間見ていただいてありがとうございます!
マチュピチュ、すごくよかったですよ。
ぜひいつか行ってください!
お仕事頑張ってくださいねー
2006.08.10 Thu l 三太郎. URL l 編集
朝時間.jpのメールでブログ知りました。今、ものすごくマチュピチュにあこがれています。いいな~~。ペルー。朝。村。。。というわけで、またきます。この神秘さに少しゲンキでました。(今から会議で鬱々だったけれども…!!)アリガトウゴザイマス。
2006.08.09 Wed l ミチコ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/227-485783b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。