上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
クスコからマチュピチュへ行くには、二通りの方法があります。

<その1>電車で行く
<その2>歩いていく

この、その2、歩く のはかなりハード。
クスコから直通電車だと日帰りできちゃうマチュピチュに、
往復約4日は使います。3時間~8時間歩かなければなりません。
しかも、本来歩いちゃだめな電車の通る道を歩くので、
警備員さんとの追いかけっこになります。

そんな思いせんでも、電車で行けばいいじゃーん、と思うでしょうが、
この電車、バカ高いんです!!!
クスコからマチュピチュへの直通に乗ろうものなら、
信じられない金額が飛んでいく。。。

で、仕方なく、多くの人が狙うのが「バックパッカークラス」。
一番安い電車で往復44ドル。
その電車が出発するのが、オリャンタイタンボなんですね。


オリャンタイタンボというと、聴いたこと無い人も沢山いるでしょうが、
インカ帝国時代「聖なる谷」と呼ばれた場所の中央に位置する町。
かつて、スペイン軍に反旗を翻したマンコ・インカが、
オリャンタイタンボに潜んでスペイン軍を撃退したという場所。

険しい山肌に、要塞のような遺跡と、
段々畑のあとが今も残っています。
登るのも難しいような山肌に、いったいどうやって
こんな巨大な建造物を造ったんだろう?

↓見上げた遺跡
060714a.jpg

↓遺跡から見下ろした景色
060714b.jpg


石組みはインカ特有のもので、
やはり剃刀の刃も通さない正確さ。

↓美しい石組み。どうやってこんな形を開けたんだろう?
060714c.jpg


遺跡もいいんですが、この村、
何と言っても、こじんまり、のんびりしているのが好き。
遺跡以外に特に何も無いんですが、この雰囲気がいいんですよね。
マチュピチュに行かれる際には、ぜひ足を伸ばして見て下さいませ。

↓牛が現役で活躍中
060714d.jpg

↓広場で子供と遊ぶ(からまれる?)三太郎
060714e.jpg

スポンサーサイト
2006.07.14 Fri l ペルー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/225-839530ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。