上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は、ボリビアの大統領について紹介します。

以前にも少し書いたけど、現在のボリビア大統領はエボ・モラレス氏。(46歳!)
ボリビア初のインディヘナの大統領で、2006年1月22日に就任しました。

コカ栽培農民代表で社会主義運動党首でもあり、
「反アメリカ、反自由経済主義」を掲げ、
先住民参加の政治や石油・天然ガス資源の国有化、
コカ栽培の合法化など、独自の政策を進めています。

現在、石油・天然ガス資源の採掘には
アメリカをはじめ、多くの外資系企業が参画していますが、
利益を海外企業に多く取られているので、
国有化して国内に利益還元しようとしています。
でも、実際には外資の力に頼らないと採掘がままならないのも事実で、
今後は怠け癖のあるボリビア人の努力と、
大統領の政治手腕にかかっています。

それにしても、彼の人気はものすごい!
こないだも宿の近くの広場に大統領が来て演説をやってましたが、
南米の革命家、チェ・ゲバラと同様に見立てられ、みんな拍手喝采!
8月に大統領選があるそうですが、再選は間違いないでしょう!

↓広場での大統領演説の様子。すごい人だかり!
060705a.jpg


もともと先住民が住んでた土地だから、
先住民主導の政府、国づくりが進めばいいですね。
僕もモラレス政権、新ボリビアを応援します!

スポンサーサイト
2006.07.05 Wed l ボリビア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/217-aea87a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。