上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ボリビアの首都、ラパスに到着しました!

ラパスは標高3650mに位置し、
4000m以上の山々に囲まれたすり鉢状の盆地になっている。
お金持ちは、空気の濃い標高の低い地域に住み、
貧しい人たちがその周りの斜面に掘っ立て小屋のような家に住んでいます。

「ラパス」とは、スペイン語で「平和」という意味。
貧富の差が大きいこの街が「ラパス」という名前なのは皮肉ですよね。


ラパスで最近日曜日に首絞め強盗事件があったらしいので、
前日はオルーロに1泊して危険な日曜到着を避けました。

ちなみに首絞め強盗とは、
後ろから首を絞めて失神させ、金品を奪うというもの。
首を絞められると5秒で失神し、30分間ほど気絶しているそうです。。

とまあ、こんな情報を得てからラパスに来たので、
最初はかなりびびってましたが、来てみるとすごくいい街!

街には坂道が多いので、歩くだけで息が切れますが、
物売りや土産物屋、屋台がたくさん出ていて、街には活気が溢れてます。
しかも物価がすごく安いし!!

ここでしばらく長居する予定なので、楽しくなりそう~♪

↓サン・フランシスコ寺院前の広場。
060612a.jpg

↓街には露店がいっぱい!
060612b.jpg

↓休日の写真なので車が少ないですが、街は結構都会です。
060612c.jpg

↓斜面には小さい家がびっしり!
060612d.jpg

スポンサーサイト
2006.06.12 Mon l ボリビア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/192-1bb5a756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。