上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アルゼンチンの国境の町、La Quiaca(ラキアカ)から
ボリビアの国境の町、Villazon(ビジャソン)まで、
あいのりのごとく、歩いて国境越え!
(国境は撮影厳禁のため、写真はありません)

実はこれが2人にとって、初めての歩いての国境越え。
チリ、アルゼンチン国境はすべてバスだったからね。

ボリビアにはたった2路線だけですが、鉄道があります。
そのうちの1つが、このビジャソンから出ている。
せっかくなので乗ってみよう!ということで、乗ってみました。
16時間、夜行列車の旅!


ボリビアのバスはおんぼろなので、
やっぱり列車もおんぼろなのでは??と期待していましたが、
予想に反してそこそこ綺麗!!

↓駅と列車。
060611a.jpg

↓車内の風景。
060611b.jpg


不満といえば、車内の砂ぼこりと、夜少し寒くなるくらい。
すべての窓は閉まってるのに、なぜか車内は砂ぼこりがすごい。。
砂漠のような所を走るから砂が舞うのはわかるけど、
いったいどこから入ってくるの!?

↓トイレは穴から線路に垂れ流し。
060611c.jpg

↓高かったけど、食堂車に行ってみました!
060611d.jpg

高いといっても2人でビールも飲んで700円。
安い国だからできる贅沢!ヨーロッパでは絶対に行けません。。


朝、目を覚ますと、そこは湖の上!!
単線なんですが、線路の両脇がすぐ湖なので、
本当に湖の上を走ってるよう!
(見とれてて写真撮るのを忘れました。。)

銀河鉄道もこんなんなんでしょうねー
日の出とフラミンゴを見ながら走るのは最高でした!

スポンサーサイト
2006.06.11 Sun l ボリビア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/191-166eba09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。