上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近になって、外人さんたちと積極的に話せるようになってきた。
それは、非英語圏のヨーロッパの人たちと話すことが多く、
お互い英語やスペイン語を交えて、ゆっくり話すことができるから。
でも、未だにネイティブの英語は、速くて聞き取りづらい。。

今日、レオというアルゼンチン人に出会った。
そのアルゼンチン人、何が違うって、顔が日本人顔なんです!
祖父母が日系移民とかでもなく、まったくのインディヘナで、
おそらく祖先がユーラシア大陸からベーリング海峡を
渡ってきたのだろう、とのこと。
もしかしたら、僕たちは元々同じ祖先だったのかも!?
いやー、人ってすごいなーと思いました。

で、おもしろいのが、レオとしゃべってると、
日本人としゃべってるみたいで、全然気を遣わないということ。
英語とスペイン語を交えてしゃべるのは欧米人と変わらないのだけど、
欧米人としゃべるような「ドキドキ感」がまるでない。
気軽に声を掛けれるし、
「お茶漬け食べてみない?」みたいな
欧米人には到底できそうもないお誘いをしてみたり。

あまり意識してるつもりはなかったけど、
やっぱり心のどこかに「外人コンプレックス」みたいなのが
あるんだなーと気づきました。

やっぱり日本人は目の青い人に弱いんですね~

↓日本人顔のレオ。アルゼンチン人です。
060604a.jpg

スポンサーサイト
2006.06.04 Sun l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/183-66db576b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。