上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今日はポトシからウユニへの移動日。
ボリビアの陸路移動は、
バスがおんぼろなのと、山道がひどいのが特徴です。

もちろんバスにはエアコンなどなく、
道路は未舗装の道が多くて、砂埃を巻き上げながら走ります。
座席は一応指定席だけど、途中でインディヘナ達が
次々に乗り込んでくるので、立ち乗りを含めて満席!

さて、ここで問題になるのが、バスの中が大変暑くなること!
窓を開けると砂埃が入るが、窓を閉めるとすごく暑い。。
旅行者は、たいてい埃を嫌い、窓を閉める。
地元の人は、窓を開ける。

暑くなってきた地元の人が窓を開ける!
すると埃が入るので旅行者が閉める!!
するとまた暑くなるので地元の人が開ける!!!
大バトルが繰り広げられるわけです。


僕らは窓を開けたい派!
ボリビアに来た当初は
「砂埃がすごいのに何で窓を開けるんだ!?」と
心の中で怒ってたものだが、セロ・リコの鉱山を体験した僕らには、
砂埃なんてへっちゃらになってしまった。
砂埃なんて、自然にあるもんだしねー。

と、また1つ強くなった気がしました。

スポンサーサイト
2006.05.27 Sat l ボリビア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/174-e89f6c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。