上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日、ちおりの靴を買った。
今まで、以前日本人宿でもらった26.5cmの靴を履いていたが、
足24.5cmのちおりにはでかすぎて、頻繁につまづいてはこけていたので、
見るに見かねて買うことにしました!
そこで、僕の底ぺらぺら靴を捨て、その26.5cmの靴を僕が履くことに。

でも、まだ履ける靴。(ちおり曰く、もう履けたもんじゃないらしいけど、、)
捨てるのはもったいないなーと思い、バス停にこっそり置いてみた。
そしたら、近くで見ていた兄ちゃんが、
「捨てるの?僕にちょうだいよ!」と言ってくれた!

なんか、すっきりした気分だった。
日本は、物がありすぎて、新しいものを買ったら捨てる。
もちろん、使ってくれる人がいたらあげればいいんだろうけど、
なかなかそういう人には出会わない。
フリーマーケットがあるけど、お店出すには手間がかかるし。
もっと、要らなくなった物が自然と流通するシステムがあればいいと思う。
060520a.jpg


僕の友達で、「ミラクルバッグ」なるプロジェクトを
実施してる人がいます。
それは、国境を越えて、家庭の要らなくなったものを集め、
欲しがっている人にあげるプロジェクト。

経済的に豊かな国から貧しい国へという一方向な感じではなく、
余っている物を必要としている人へ送る。それを全世界で展開する。

それがミラクルバッグです。

エチオピアで、靴がないために走ることが出来ない
才能溢れる子供達がたくさんいます。
アフリカには、ぼろぼろの服しか着れない難民の子供達がたくさんいます。

そんな遠い国の人達と、喜びをともにしませんか??

このプロジェクトが、4月末から始まりました!
全国で開催中の「OKカフェ」で集めています。
もし興味がありましたら、ぜひご一報ください!
(OKカフェは今後、大阪、千葉、横浜、福井、札幌、ボリビアで開催予定。)

※詳細は、「続きを読む」、あるいは
 MIXIのコミュニティ「ミラクルバッグ」をご参照ください。

「ミラクルバッグ」とは?

各家庭に何でも良いので1つ袋を用意します。
その中に余っているもの、使わないもの、
必要のないものをガンガン入れていきます。
そして定期的に所定の場所へもって行き、
必要としている人たちへ送ります。
(現時点ではOKカフェのみで回収しています。
 今後、回収方法は増やしていく予定。)

余っている物を袋に入れるとき、それを使って活き活きしている人の事を
想像しながら入れていただきます。

逆に受け取るときは、送ってくれた方に感謝の気持ちを込めて
心の中でありがとうといいます。

余分なものが家庭から少なくなり、逆に必要なものを送られてくる。
世界中の人達が、物を送りあうことで
意識し合い、よりつながりを深めていく…
そうなると、理屈では説明できない奇跡が世界中できっと起こります。

世界中に奇跡を起こす袋

それがミラクルバッグです。

スポンサーサイト

2006.05.20 Sat l ボリビア l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/167-2084a2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。