上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
南米に来ると、見かける風景。
道端で、公園で、また店番をしながら、
みなが丸い容器に詰められた葉っぱにお湯を注ぎ、
それを銀色のストローで飲んでいる。

これが、マテ茶セット。↓
この中に、マテ茶葉を詰めて、お湯を注いで、ストローで飲む。
060507a.jpg


老若男女、誰でもかれでも、マテ茶。
どれだけつっぱってる若者も、
MYマテ茶セットを持って、座って飲んでる。↓
060507b.jpg


マテ茶は、元はガウチョと言う牧夫の飲み物。
彼らはアサードと言う肉のあぶり焼きを食べ、
一緒に、ビタミンCたっぷりマテ茶を飲んでいた。

少し苦いんだけど、病み付きになる味。
日本茶とちょっと似てるかな?
私もハマってしまって、Myボンビージャ
(マテ茶を飲むストロー。先っちょが茶こしの様になってるので、
お茶の葉に直接突っ込んで飲んでも、
お茶の葉を飲むことがない。効率的なストロー!)
を買って、マテ茶を飲んでます。

マテ茶、ぜひ、日本で流行して欲しい!!

今みたいに、ペットボトルに詰まった、
何が入ってるのかわかんない清涼飲料を飲むくらいなら、
自分のマテ茶セットを持って、お湯を継ぎ足しながら、
ビタミンたっぷりのマテ茶を飲むほうが、
おいしいし、体にもいいし、ごみも出ない。

コンビニに行けばポットがあるし、会社には給湯室がある。
お湯なんて、日本ならどこでもタダで手に入る。
急須が必要ないので、手軽だし。
茶葉をコップに詰めて、お湯を注いで、ストローで飲むだけ。


スローライフは、おいしいお茶から。
ぜひ、マテ茶を日本に!!
どなたか、輸入始めてみませんか??

スポンサーサイト
2006.05.07 Sun l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/157-e62dbdf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。