上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ブエノス市内の移動は、バスと地下鉄(スブテ)が主流。
バスは、市内ならどこまで行っても1人0.8ペソ(≒30円)で乗れるから
安くていいんやけど、硬貨しか使えないのが難点。。
硬貨がないと乗車拒否しやがる!
たかだか硬貨、、と思うかもしれませんが、
2人で1.6ペソ、往復3.2ペソ集めるのが大変なんです。

アルゼンチンには2ペソ、5ペソ紙幣があるので、
どんな買い物をしても、1ペソ硬貨が返ってくることは少ない。
(お釣りが2、4~9ペソならすべて紙幣なので。。)
お店も小銭がないから両替できない、と断れること多々。
だからバスで帰れずに両替できるところを探し回ったり、
仕方なく地下鉄やタクシーに乗ることもしばしば。。
どうにかしてくれ、バス会社ー!

一方地下鉄はというと、こちらもどこまで行っても0.7ペソ(≒25円)。
ブエノスの地下鉄は、1910年から走ってて、
日本の地下鉄を作る際の参考になったんだって。
でも今では日本で古くなった地下鉄車両も走ってます。

↓未だに使われてる、レトロな地下鉄。
060424a.jpg

↓その車内風景。オレンジの電灯がお洒落。
060424b.jpg

↓駅構内にあるレトロな広告。
060424c.jpg

こうやって海外で日本の車両が再利用されるのはいいことやけど、
これだけ使えるんだから日本も新車両を作るのにお金をかけずに、
運賃を下げて公共交通機関の利用率を上げてほしいものです。

こういった製造業が日本経済を支えてるのも事実やけど、
地球資源の無駄遣いでもあると思うんですが、、
みなさんどう思います??

スポンサーサイト
2006.04.24 Mon l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/140-2baf52b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。