上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昼までぐーすか寝てると、
誰かが、ドンドンと部屋のドアを叩くじゃないですか!
恐る恐る開けてみると、旅で仲良くなった友達二人が仁王立ちしてる。

「こんな良い天気に寝てる場合じゃない!!
 ピクニックに行くよー!!!」

ええ!?ピクニック!!??
ここ、南米なんですけどー。


言われるがまま、おたおたと服を着替えて、町へ。
するとですね、Barlioche(バリローチェ)のセントロシビコ(町の中心部)には、
まるでスイスを彷彿とさせるような素敵な時計台と、
寝っころびたくなる芝生、そして、キラキラ光る湖が!!
わんこも一緒に寝転んでます↓
060331a.jpg

おおーー!!なんて素敵!!!

いそいそと、スーパーで買い込んできた
チーズとパンと、ワインでカンパーイ☆
し、幸せ・・・。

060331b.jpg

こんな風に、旅で出会った人と一緒に、
楽しい時間を過ごせるっていうのは、とっても素敵!

景色を楽しむ、文化を見るのも、旅の醍醐味だけど、
人との出会いは、それ以上に何ものにも変えがたいものだよね。


日本でツアー添乗員をしてる人から、チラッと聞いたんだけど、
最近、日本国内のツアーでは、お客さん同士の会話が少ないんだって。
一緒に行った友達と会話するだけで終わっちゃう。

でも、それじゃモッタイナイ!!
寅さんじゃないけど、「旅は道連れ、世は情け」。
もっと、人とのふれあいも楽しめれば、
旅はもっともっとおもしろくなると思うんだけどなぁ。

海外で見る、外国の人たちは、ちょっとのバス移動でも、
ちょっと宿で会っただけでも、気軽に声を掛け合って、
いろいろ話をしたり、その場の空気を楽しんだりしてる。
コミュニケーションが上手なのかなぁ。

日本も、もっと気軽に、人に声を掛けれるようになればいいのになと、
地球の裏側でワインを飲みつつ、思うのでした。

スポンサーサイト
2006.03.31 Fri l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaigurutto.blog32.fc2.com/tb.php/116-e7e3bfd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。