上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2ヶ月半の中米の旅も、本日で終わり。
飛行機のチケットの期限が迫っているため、
急ぎ足の旅になってしまいましたが、
本当はもっとゆっくり旅したかった!
メキシコももっと行きたい所があったし、
ニカラグアもほとんど周ってないし。。

でも、いつまでも旅できないのも事実。
これも僕達の旅!と受け止め、
中米の思い出を心に刻みます。

中米諸国は、比較的狭い範囲に数ヶ国ありますが、
国によって特色が様々でした。
例えばコスタリカは火山や熱帯雨林が多いのに比べ、
隣りのニカラグアは植物の少ない平原が広がっていたり。
人柄や人種、物価も、隣り合う国でガラッと変わります。
先住民の衣装も地域で全然違いました。
一方で、先住民の生活は、段々洋服化し、
携帯電話を持つ生活に変わりつつあるように感じられました。

中米は全体的に、治安の悪い地域が多かったです。
内戦の歴史がいまだ解消されず、
苦しい生活や恨み、憎しみが残ってるせいでしょうか。
今後、彼らの暮らしが豊かになり、
みんなが幸せになる日が訪れることを望みます。

次はカリブ諸国へ!
どんな旅が待ってるのでしょう!?


Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.01.29 Mon l パナマ l コメント (0) トラックバック (0) l top
パナマといえば、やっぱりパナマ運河!
ということで、とりあえず見てきました。

パナマ運河に到着すると、ちょうど船が通るところでした!
見に行っても船が通らないこともあるので、ラッキー♪

パナマ運河は、閘門(こうもん)式といって、
カリブ海側、太平洋側、それぞれ3段階の貯水槽で、
水槽の水を増減することで船を上下させ、
海から湖(川)、湖から海の高さに移動する方式です。

↓大きな船が入ってきました!
070128a.jpg

↓閘門が開く瞬間!既に水位は減って、船の高さも下がってます。
070128b.jpg

↓みんな写真を撮りまくり!大興奮です!
070128c.jpg

↓船の乗員も記念撮影です。
070128d.jpg


見る!といっても、ゆーっくり水が減り、
同じ水位になったら門が開き、
船が水路横に走ってる電車に引っ張られて進むだけなので、
「すげー!今パナマ運河を通ったぜー!」
みたいな臨場感はありません。

でも、遠くから何かを運んできた船がここを通過して、
またどこかへ運ぶ、と考えると、何だかワクワクします。
南米で走る、中古車??
イラクから採ってきた、石油??
一体何を運んでるんでしょうねー。

パナマ運河を船が1回通過するだけで、
何千万円もの通行料がパナマに支払われます。
まあ、南米の南端をぐるっと回れば何十日もかかるし、
それだけ石油や諸経費がかかるわけですから。
「大陸の間の細い所」というだけで、おいしい話です。


でも、パナマ運河の歴史を紐解くと、奥が深いんです。
パナマは、実は元々はコロンビアの領土。
ゴールドラッシュに沸くアメリカ政府は運河の建設を計画し、
コロンビア政府と条約を締結しますが、
コロンビアの主権を著しく阻害する内容であったため
コロンビア議会は多額の代償をアメリカに要求、
しかしアメリカはこれを一蹴したため、
コロンビア議会は条約の批准を拒否しました。

1903年、アメリカの策略によりパナマで反乱が起こり、
パナマは新国家としてコロンビアから独立します。
それ以降、1999年までパナマ運河はアメリカによって運営され、
アメリカは多大な利益を獲得しました。

1999年12月31日、パナマ運河はようやく
パナマに返還され、パナマの新しい道が始まったわけです。

まあ、アメリカが資金援助しなければ、
パナマ運河の建設もなかったはず。
何が正しいのかはわかりませんが、
今ここに大きな運河があることは確かです。

見に行っても船が通らないこともあるパナマ運河、
今日は大盤振舞いで、3隻も通りました!ラッキー♪
さて、今日はいくらのお金が動いたんでしょう??


Writer 三太郎
2007.01.28 Sun l パナマ l コメント (0) トラックバック (0) l top
パナマの通貨はドル。
なので、物価が高いんじゃないかと懸念していたんですが、
なんのなんの、実はここは、
『とにかく服が安い!!!』

アメリカから流れてくるのか?
理由は不明だけれど、とにかく安い!!

キャミソールやTシャツなんて、1ドルであちこちで売ってる。
しかも、デザイン的にもそんなに無理しなくてもいい程度。
服だけでなく、靴やかばんも安い!


1年旅して、もうイロイロとボロボロな私達。
即効、買い漁りました。。

私は、アフリカの蚊除け用の長袖シャツ、ズボン、
スカート(これは衝動買い…)、キャミソール、靴下。

三太郎は、サンダル、パンツ、ズボン。

…、やっぱり、私のほうが多いですね。えへ。
調子乗っちゃいました。

まぁ、これから物価の高い、しかも寒い国に行くので、
装備増強と言うことで。

パナマぐらい、日本も服が安かったら良いのになぁ。
はぁ。日本は服が高いよー。。


Writer ちおり
2007.01.27 Sat l パナマ l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日、パナマに入国!
この旅20ヶ国目です~♪

コスタリカからの移動で時間がかかってしまい、夜に入国。
今日はコスタリカ国境近くのダビという町で1泊することに。

タクシーの運ちゃんに、
「この辺に安いホテルはない?」と聞くと、
連れ込み宿に連れて来られてしまいました。。
まあ、よくあることですし、安いなら気にしません。

それよりも!僕の心が惹かれたのは、
目の前が野球場!!
しかも、ちょうど今ナイターやってます!!
中米諸国はサッカーよりも野球の方が盛んなんですねー。

晩御飯を食べた後、ひとり野球を見に行ってきました。
入場料は2ドルくらいなんですが、
みんな塀によじ登ったり、
車を乗り付けてボンネット上から見たり、したい放題。
というわけで、僕も塀上り組に混ぜてもらいました。

↓試合の風景。
070125a.jpg

↓壁と車に登って野球観戦する人たち。
070125b.jpg


今回の試合は、地元・ダビのチームと
宿敵・パナマシティのチームの対戦。

パナマの野球は荒削りといった感じで、
フォームはむちゃくちゃやけど振りが速い!
でも守備はいまいち、、。
審判の判定が明らかに地元よりに感じるし。笑
(地元チームが失点になるボークの判定が覆った・・・!)

そして試合は、2点負けていたダビチームが終盤に追いつき、
9回裏にサヨナラ勝ち!
盛り上がる試合展開に、地元民と喜び合ったのでした。

あ~、でもやっぱり甲子園が懐かしい~


Writer 三太郎
2007.01.25 Thu l パナマ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。