上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
シズカさんは、以前JICAの青年海外協力隊で、
ホンジュラスに派遣されてました。
その派遣時代の村に、お邪魔させてもらいました。

そのオロポリという村は、
首都テグシガルパから車で約2時間。
ホンジュラスの、「典型的な村」といった感じで、
電気は通ってるけど、娯楽施設も特にない、小さな村。
シズカさんは、そんな村で、
村落開発のボランティアをされていました。

村落に限らず、途上国が発展するためには、
教育制度の発達が重要。
途上国・ホンジュラスでも同様に、学校教育が遅れている。

教育が遅れている原因は、先生だそう。
先生は、自分の資格取得、つまりは給料アップのために、
土日は都会まで学校に通うそうだ。
勉強熱心でいいじゃないかー!と思うところだが、
問題はその後。
土日に学校に通うため、本来授業を教える日の金、月曜に、
移動日と称して学校を休むらしい!!
しかも、その他の日に補修?をするわけでもなく、
授業は最低労働時間のぎりぎりしか教えず、
必要授業時間に全然足りてないそうです。

そんなだらけた先生達も、
賃上げ交渉のストライキはしっかりするらしい。笑
もちろんその間は学校は休校。
さらに授業は遅れて・・・。

ただでさえ先生の数が足りないのに、
先生のやる気がなく、さらに授業が進まない。
こんな状況だそうです。

せっかく子供達が勉強したくても、
勉強できる環境がないのは残念なこと。
やっぱり先生は、聖職者のようであって欲しいものです。

↓高台から見たオロポリ村。
070113a.jpg

↓中央がシズカさん。子供達に大人気!
070113b.jpg

↓子供達は無邪気で、本当にかわいい!
070113c.jpg



Writer 三太郎
スポンサーサイト
2007.01.13 Sat l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ホンジュラスの首都、テグシガルパで、出会ったー。
(ウルルン風に)

ホンジュラスに住んでらっしゃる日本人、
シズカさんにお会いするため、テグシガルパへ移動。

以前から「会いに行きます」といいながら、
日程がのびにのびて、本当は去年の8月ごろに
会う予定だったのが、今になったという。。。
どれだけ、無計画なのか良く分かりますね。すいません。

このシズカさん。
とてもとても、良い方で、
初めてお会いするのに、すごく気さくで、
わざわざ車で迎えに来てくださるし、
あちこち案内をしてくれはるし、
ゴハンも食べさせてくださって、
家にも泊めてくれはって、
「ああ、ほんまにありがとうございます!!!」と、
突っ伏して土下座したくなるくらい、
良くしてもらったのです。。。
なにもお返しもできない私達、、うう、つ、つらい。。
「私も、他の人に良くしてもらったので、
 気にしないで下さい。」と言ってくださる。


海外で、こういった方にお会いすると、
次どこかで誰かに恩返しをせねばと、
そういう気持ちにさせられます。

こうやって、受けた恩を別の人に別の形で返していく。
なんだか、日本人らしい考え方で、
とても素敵だなぁと、
日本人であることを誇りに思うのでした。
ほんと、出会いに感謝です。


Writer ちおり
2007.01.12 Fri l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
とうとうやってきました、旅を始めて一周年!
無事1年旅できて、おめでと~!と自分達に拍手!パチパチ~

もう1年間も旅を続けてるのかぁ、と思うと、早いな~と感じる。
仕事をしてるのとどっちが早いかと言われると、
どっちも同じくらいかなあ。
あっという間に過ぎちゃった感じ。

ただ、毎日が充実してたなーと思う。
昔の日記を読んでると、こんなことしてたなぁと、毎日を思い出せる。
今のところ、人生で一番印象に残る、1年でした。

そして、何が一番大きかったかというと、
自分達の考えが変わったこと。
いろんな場所、いろんな景色も素晴らしいけど、
旅を通して自分達が大きく成長ができた。
一言で言えないけど、いろんなものを見てると、
自分にとって何が大切か、何がしたいかが見えてくる。
それを見つけられたのが、一番大きいです。

そして、やっぱり最後は日本に帰りたい。
海外に住む、という手もあるし、
いい所が見つかれば海外に移住するのもありかなーと思ってましたが、
せっかく日本人として生まれたんだから、
やっぱり日本で、日本のために、何かしたい。
一長一短はあるけど、日本には素晴らしい所がたくさんある。
いい所にも気づけたし、日本をもっとよくしたい!って思うようにもなった。

日本に対して文句を言う人も多いけど、要は考え方。
いい国と思うか、悪い国と思うか。
みんなが、日本はいい国!と思えば、いい国になるし、
文句があるなら良くなるようにしていけばいい!
大きなことを考えたら何もできないけど、
小さなことからちょっとずつでもやっていけばいいんだ、と思いました。

素敵な日本へ帰るまで、後1年くらい?
それまで、目いっぱい旅を満喫します!
皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします!!


Writer 三太郎
2007.01.11 Thu l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
アドバンスコース2日目。
授業は続きます。

今日はDeep Dive と Navigation Dive。
30m潜るものと、自分で方位磁石を見ながら
船に戻るのを練習します。

あいかわらず、先生なに言ってるのかよくわからんけど、
昨日と違い2人だけなので、聞き取りやすい。
ゆっくりしゃべってくれるし、いい人だ。

「頭が痛くなったら無理しないでね」
「はーい」

予習を終えて、船に乗り込むも、あいにくの雨。
さむーーーい!!!

船は揺れに揺れるし、ううー、か、帰りたい。。
でも無情にも授業は行われ、まずはDeep。

ゆーっくり潜っていくも、
やっぱり頭が痛くなってくる。
昨日よりはましだけど、しびれるように
締め付けられるように痛くなって、
涙が出てくるほど。うう、なんでなんだぁ。。

地上で見る色と、海のそこで見る色は全く違ということを
カラーの板を使って勉強するんだけど、、
赤が灰色(茶色?)に見えた。

ということは、いつも見てるサンゴは、
本当はまっかっか、ということ??へー。
なんて感心しつつ、終了。

船にあがると、うう、寒い…。

次はNavigation。
方向音痴の私としては、一番苦手なところ。
「この、周りの方位をあわして、そして中の針が
 ここまで動くように自分が回って、、、」
と、親切に教えてくれるんだけど、、
わっかりましぇーん!!!

四角形に回らないといけないのに、
三角形に回ったり。逆走したり。

…、でも、なんとか終了。なんでOKなのだ??


まぁ、ごまかしつつ、終わりました。良かった。。
しかし、頭の痛さはやっぱりひどく、しかも寒かったので、
オマケのファンダイブはあきらめ、
さっさと引き上げることにしました。

せっかくのダイビングだったのになぁ。
晴れて、頭が痛くなかったらよかったのに。
でもまぁ、ライセンス取れたからよしとしよう。
不安は残りますが。。


Writer ちおり
2007.01.10 Wed l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
アドバンスコース初日!
今日は、「沈船ダイブ」、「水中平衡浮力」、
「ナイトダイブ」トレーニングを行う。

カナダ人のインストラクターと、
僕らの他に4人の外人さんとで潜る。
でも、すっかりカタカナ発音のスペイン語に馴染んでしまった僕達は、
ネイティブ・イングリッシュの発音が聞き取れないし、
しゃべろうにもスペイン語が先に出てくる。。
とりあえず、どんな質問に対しても「Yes」、「OK」を連呼。

久しぶりのダイビングでで大丈夫かなー、、
なんて心配してるうちに、いきなりダイビング開始!

ちょっと焦りつつ、耳抜きをしながら水底に潜っていくと、、、
ありました!全長約30mの沈船です!!

沈船は、もちろん意図的に沈めた訳ではなく、
何かの事故で沈没したもの。
だから、デッキ上に自転車があったり、
海上にあった状態のまま沈んでます。
そんな船の至る所に珊瑚が生え、
その周りにお魚さんが泳いでます。

初沈船ダイブに感動!
これからは海底遺跡にも行けるー♪
でも横ではちおりがしんどそう。
どうしたん?と聞くと、
「鼻が詰まってるせいか、水中で頭が痛くなる。。」という。
でもライセンス取得まで、我慢してくれーー

続きまして、「水中平衡浮力」。
水中で、うまく平衡バランスを取れるようにする訓練です。

自分に合った重りを把握した後、
水中で輪くぐりをしたり、逆立ちしたり、バック転をしたり、
今度は逆さ向きで輪くぐりしたり。
こんなんでトレーニングになるのか!?とも思いながらも、
やってるとだんだん水中での平衡バランスが
取れるようになってきました!

そして、一度宿に戻り、夜に再出発。
日も沈んで暗くなってきた頃、水中に潜る。
昼間、あんなに明るかった海が、真っ暗!
もともと海が苦手な僕は、パニック気味。。
懐中電灯で照らしながら、夜に活動する生物の観察をする。
そして、みんなで懐中電灯を消すと、
蛍のような、発光する生物が海中を照らしてて感動!

こんなわけで、1日目が終わったのでした。
さすがに1日3ダイブは疲れたー


Writer 三太郎
2007.01.09 Tue l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
ダイビングライセンスが安くで取れる、
しかもカリブ海!
ということで有名なウティラ島。
世界中からダイバーが押し寄せています。

私はPADIのオープンウォーター・ライセンスを持っているんですが、
それだと深いところに潜れないので、
ランクアップをしようと、ここにやってきました。

フェリーで島につくやいなや、
もう客引きの嵐!!!
またいつもどおり、何も決めていない私達は、
ちょこちょこ値段を聞きつつ、一番人のよさそうな、
兄ちゃんと姉ちゃんに着いて行くことに。

到着した先は、Cross Creek Dive。
どうも歩き方にも載ってる、有名どころのよう。
雰囲気もいいし、しっかりしてそうだし、
欧米人の客も多いし、部屋も安いし(1泊4ドル!)、きれい、
アドバンスのコースが2日で5ダイブ。おまけつきで、
2ファンダイブか宿代タダかが選べる。
他で聞いたところと、値段も変わらないし、即決!
私達は結婚しているので、教材も一冊(これは日本語!)でいいので、
値段はさらに安くなり、二人で保険など全部込みで454USドルでした。

今日はちょっぴり私が風邪気味なので、
明日から始めることになりました。

久々のダイビングでちょっと緊張。
授業も英語だし、ついて行けるかなぁ。
教材が日本語なのが救いで、
二人で必死に読み漁るのでした。

さて、無事にライセンスとれるかなー??


↓宿の前にはハンモック。
070108a.jpg

↓飼われてるワンコ。
070108b.jpg

↓こちら、ウティラ島の町の写真。
070108c.jpg



Writer ちおり
2007.01.08 Mon l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
グアテマラ国境近くにある、ホンジュラスのコパン遺跡。
コパンは、7、8世紀頃のマヤの芸術都市で、
マヤ遺跡の中でもほぼ最東端に位置する。
世界遺産にも登録されてるので、行ってみました!

しかし、、、た、高い!!
入場料1人15USドル、さらに中にある「地下トンネル」に入るにも、
別途1人15USドルかかる。。
メキシコやグアテマラ等の、どのマヤ遺跡よりも断然高い入場料だけに、
それだけ素晴らしい遺跡なんでしょう、、ということで、
貧しい僕達は泣く泣く入場料だけ払い、中に入る。

そこで見たものは、、、しょ、しょぼい・・・!!
ここの見所は「マヤ文字の残る保存状態の良い石碑」だそうで、
僕達にはマヤ文字で書かれた文章の意味がわかるわけでもなく、
ティカル遺跡など、今までマヤの巨大遺跡を見てきた僕達にとっては
いまいち迫力の欠ける遺跡でした。。
これが15ドルとは、、。
地下トンネルに入った人も「しょぼかった。。」、と嘆いてました。

どうも、ホンジュラスには他に観光資源がなく、
唯一の遺跡に高額な入場料を設定しているそうです。
その入場料が、国民全体に反映されてる訳でもなく、
遺跡の入場口や、コパン遺跡の町だけが綺麗に整備された、
間違った使われ方をされてます。。

国全体に反映される体系づくりか、
内容に見合った料金設定にして欲しいものです。

↓こんな石碑たち。
070107a.jpg

070107b.jpg

↓こちら、球戯場(右手前)と祭壇。
070107c.jpg

↓アクロポリスへの祭壇に生えた樹木。
 僕はこっちの木の方が好きです!
070107d.jpg

↓こんなにでっかい木!自然のエネルギーが感じられます。
070107e.jpg



Writer 三太郎
2007.01.07 Sun l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
時間の都合により、エルサルバドルは1日だけ、
ホンジュラスのエル・ポイという町を経由して
コパン遺跡を目指すため、
エルサルバドルの首都、サンサルバドルから北へ抜けます。

バスターミナルに行くと、これがターミナル??と
疑うような場所。だって、建物が無い。
ただ、広場にバスがずらーっと並んでるだけ。

そのバスの一台に乗って、国境まで行くも、
かなり小さい国境みたいで、
イミグレに人がいない。。おいおい。

「ダレかーー」と叫んでいると、
おばちゃんがダルそうに出てきて、
「出国税3ドルね。」
でも、やっぱりスタンプは押してくれず。
グアテマラのスタンプだけでどこまで行くんやろう…。

そこから乗り合いタクシーでバス停まで行き、
そのあとコパンルイナス行きのバスに乗る。

でもコパンルイナスまでの直通が無く、
一旦、ラ・エントラーダと言う町で
乗り換えしないといけない。

ところが、乗り換えの町に着くと、
もうとっぷり日が暮れており、バスも無いので、
この町で泊まることに。
でも、本当に乗り換えだけの町で、
食べるところもほとんど無く、なーんもない。


移動移動の一日で疲れたぁー。
明日はコパン遺跡です。


Writer ちおり
2007.01.06 Sat l ホンジュラス l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。