上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アティトラン湖畔の町、
サンペドロをウロウロしていたら、
とってもかわいいカフェを発見!!

グアテマラのコーヒーと言うと有名なので、
ちょっとイッパイ飲んでくかと、中に入ると、、、

??

カウンターの中から「オラ!」と声を掛けてくれたのは、
どう見ても、子供。
歳を聞くと、じゅ、10歳??

この子が入れるの?まっさかねー、なんて話しながら、
カフェティント(ブラック)とカプチーノを注文すると・・・、

↓なんと、彼が作ってくれるではないか!!
070103a.jpg

大人顔負けの手さばきで、さっさといい匂いのたつ
コーヒーを入れてくれちゃったのです。

↓そして、これがオイシイ!
 この旅で飲んだ中で、3本の指に入るほど。
 や、やるなぁー!!
070103b.jpg


びっくりしてると、そこに客として、また10歳くらいの男の子たちが登場。
「カプチーノくれる?」って、何者!?

その子たちは私達の横にいた観光客に、
「どこからきたの?へー、スイスなんだ。
 たしか、フランスとドイツとイタリアに挟まれてるんだよね。
 いい国だよね。あそこは」
なーんて、したり顔で話してる。
↓おっさんなオコチャマたち。
070103c.jpg


・・・、どうなってるんでしょう、この町は。
子供の振りして、実はおっさんとか!?
目が点な私達をおいて、彼らは颯爽と去っていったのでした。
いやはや。


Writer ちおり
スポンサーサイト
2007.01.03 Wed l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
2007年が明け、2日から早速移動です。
パナハッチェルから船で、
サンマルコス・デ・ラ・ラグーナへ移動。
この村は、ヨガやレイキ、宇宙との交信(!?)など、
スピリチュアル系なことがいろいろ学べる村です。

僕もいろいろやってみたかったんですが、
日程の合うプログラムがない。。
僕らは飛行機のチケットが2月中旬で切れるから、
それまでは急ぎ足で旅しなければならないんです。。

後ろ髪を引かれる思いでサンマルコスを後にしたのでした。
インドで必ずヨガをやるぞー!!


Writer 三太郎
2007.01.02 Tue l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
明けましておめでとうございます!
私達はグアテマラのパナハッチェルで
2007年のお正月を迎えました!

本年も引き続き旅していきますので、
どうぞ、よろしくお願いします。


お正月の朝ご飯は、お節料理、、とまではいきませんが、
大根や人参、とろろ昆布が入った、広島風お雑煮!
つかなくてもできるお餅を村岡さんが開発されたんだとか。

↓村岡さんお手製のお雑煮。バリウマイ!
070101a.jpg


そして、朝ご飯の後は、温泉へ!
アティトラン湖には天然の露天掘り温泉があります。

↓湖と火山を眺めながらの温泉は最高!
 湖の水と混ぜながら、いい温度にします。
070101b.jpg

↓地元のインディヘナも、生着替え。
 みんな温泉大好き!
070101c.jpg

なかなか贅沢なお正月を過ごせました~♪


海外でお正月を迎えて思ったこと。
日本では毎年だら~っとお正月を過ごしてきましたが、
それもまた幸せなことだなー、と。
お墓参りしたり、親戚で集まったりと、
それもまた日本の文化だと再認識しました。


Writer 三太郎
2007.01.01 Mon l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ついに、2006年最終日。
一年間、ずーっと旅行をしていたことになります。
ゴクツブシですね。恥ずかしい。。

既に日本では年が明けているんですけど、
まだこちらは2006年。

初めて海外で迎える年越しとあって、
鼻息も荒く、年越し用の花火を購入し、
今か今かと夜を待っていたのです。

晩御飯は、村岡さん宅で
a↓「特製お寿司&カニ味噌汁」!!ああ幸せ・・・。
 日本って、いいなぁ。。。

と、遠い故郷を思いつつも、待ちきれず皆で花火を上げに砂浜へ。

こちらの花火は日本のと違い、激しい!!
ほぼ爆音を伴います。
パンパンぴゅーぴゅーウルサイ!
でも久々、子供のように花火ではしゃいで楽しかったー。

そのあと、キューバのダンサーが来ているというバーへ。
b↓もう、店内は人が入れないくらいギュウギュウ。
 そして、皆で店内で花火。いいのか!?

お酒も入って、宴もたけなわ、いきなり音楽がロックに!
なんだ、なんでロックなんだと焦っていると、
「ヘーイ、行くぜ、秒読み~~!」
と、カウントダウン開始!!!

なんだ、何でロックなんだの疑問は解消されないまま、
「10~、9~、8~、、」


そして、カウントゼロと同時に、
『バーン、パーン!!』
c↓色とりどりの打ち上げ花火が空を染め、
 人たちは「新年おめでとう!」と、抱き合う。


おおー、これがグアテマラの新年か。
ちょっとガイジンが多いけど。
と、新年の感動も無く、ボーっと皆を見てました。


帰り道はバクチクの嵐

10m以上はあるバクチクを道端に敷いて、
10分以上、バンバンさせる。うるさい。中国か、ここは。
あっちこっちで打ち上げ花火あげるし、
ねずみ花火を人の足元に投げるし、危なくて歩けたもんじゃないよ。


クリスマスといい、新年といい、花火が好きな国なんだなぁと、
よくわからない感心をしたのでした。


今年もよろしくお願いいたします。
2006.12.31 Sun l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
パナハッチェルから、グアテマラ第2の都市、シェラへ、1泊2日の小旅行。
シェラは標高が2300mあり、常春のパナハッチェルと違って寒い!
だからここへ来て、冬だなー、年の瀬なんだなーと感じる。

そして、シェラの近くには温泉がある。
1年間の旅で疲れた体を癒すには持ってこい!
久しぶりの湯船に感動!

そして夜は、メキシコで会った友人と再会し、忘年会を行う。
(といっても、普段の飲みと同じですが・・・。)
改めて、2006年が終わるんだなーと実感。

今年1年、本当にいろんな所に行ったなぁ。
いろんな景色に感動し、いろんな人と出会えた。
あっという間の1年だった。
それだけ旅が充実してたということ。
旅に出て、本当に良かったと思う。

こうやって好き勝手できるのも、
日本に生まれたからであり、
周りの皆さんに支えられてのこと。
ほんま、感謝、感謝です。

2007年も、楽しく旅しまっせー!

↓温泉の写真を撮り忘れたので、
 代わりに周辺の村の朝市の写真をどうぞ。
061230a.jpg

2006.12.30 Sat l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今泊まっているのは、日本人の村岡さんがやっておられる、
いわゆる日本人宿。

ところが、普通の日本人宿と違い、ここはちょっとお高い分、
とてもとても綺麗で、とてもとても居心地が良くて、
とてもとてもとても、ステキな庭のあるおうちなのです。
というか、こんな家に住みたい。

テラスには藤棚のような(植物名が分からない…)緑の屋根が張り巡らされ、
そこから下がる花にハチドリが蜜を吸いに来ます。

家の壁にはツタが絡まり、庭では手入れのされた草木が
気持ち良さそうに光を浴び、ネコも一緒に日向ぼっこをしています。

家の中の家具や、部屋のリネンも気を使っていて、
おしゃれでかわいらしい。ステキ!!!

今、新しい宿を建築中とか。
2007年夏にオープン予定。

新しい宿も楽しみですが、こちらの宿、とてもオススメです。
もしパナハッチェルに行く方がいれば、ぜひどうぞ!!
日本食も食べれますよ~!

↓村岡家入り口。
061229a.jpg


HPもありますので、探してみてください!
「ツーリストホーム村岡」
2006.12.29 Fri l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
チチカステナンゴのティアンギス。
早口言葉みたいですね。
違います。

チチカステナンゴという町で開かれる、
ティアンギスという定期市のこと。
今日はそこに行ってきました~。

定期市は各町で開催されるも、
チチカステナンゴのものはとても大きく、
観光名所になってるくらい。

パナハッチェルからチキンバス(アメリカのスクールバスの改造版)を
乗り継ぎ、約1時間半。


↓凄い人出!!
061228a.jpg

↓もう、いろんなものが売られてて、何が何だか。
061228b.jpg

↓おめん!
061228c.jpg


気がついたときには、お土産を手にいっぱい持って
ぼうぜんと帰りのバスに乗っていたのでした。

怖いわ、物欲って…。
2006.12.28 Thu l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝、バスでパナハッチェルという町に向かう。
山間にある町から山の斜面を下り始めると、、。
何だ、ここは!?
と思うほど、美しい景色!!

朝もやの中に、曲線の美しい山と、
船が静かに走る、湖が見える。

そう、ここが「世界一美しい湖」と言われる、アティトラン湖。
確かに綺麗!!
見る場所や時間によっても様々に見えるので、
見ていて飽きません!

↓朝もやのかかるアティトラン湖。
 右手に見えるのがサンペドロ火山、左手がトリマン火山、
 その後ろに重なって見えるのがアティトラン火山。
061227a.jpg

↓湖には漁師さんも。
061227b.jpg

↓移動の船には物売りの女の子が。
061227c.jpg

↓夕暮れの景色も最高!
061227d.jpg


気候も雨が少なく、常春で快適!
町にはインディヘナの衣装や小物などが売られてて可愛い!
なんて素敵な町なんだー!

新年が近づき、旅行者が増えて
バスや宿の値段が上がる&押さえにくくなってきたので、
ここパナハッチェルで年越しすることに決定!

いいお正月を迎えられそうだ~
2006.12.27 Wed l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここは、1543年に植民地政府の3番目の首都として建設された、
歴史ある街、アンティグア。
1773年の大地震で壊滅し、首都はグアテマラシティに移されました。

↓そのときの地震で廃墟になった教会があちらこちらに残っていて、
 それが観光名所になっております。うーん、たくましい。
061226a.jpg


町は、建物もコロニアル風でかわいらしく、
気候も高地とあって、過ごしやすい。
スペイン語学校が沢山あるのもうなずけます。
こんな町なら、いくらでも長居できるだろうなぁ。
ゆっくりスペイン語を勉強するには、すごくいい環境かも。

↓コロニアルな綺麗な街並み。気候も良くて、住みやすそう。
061226b.jpg

↓こんな洗濯所があったりもします。
061226c.jpg

↓ここはどこかって?実はマクドナルド!!
 ドナルドが気持ちよさそうに椅子に腰掛けてる…。
 向こうに見えるのが火山です。
061226d.jpg

↓子供たちはドナルドが好きみたい。入れ替わり座ってた。
 ・・・、どこ蹴ってるの。
061226e.jpg


観光客が多くて、ちょっとツーリスティックではあるけれど、
その分治安もよさそうだし、食べ物もおいしそう。
時間があればノンビリしたかったなぁ。残念。。。
2006.12.26 Tue l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日はクリスマス!
今まで、キリスト教が巨大勢力を誇っているところで、
この日を迎えたことが無かった私達。
何が起こるのかとワクワクしておりました。

なにしろ、11月から街中はクリスマスムード一色で、
もうはーやくこいこい、クリスマス、という気持ちが
びんびん伝わってきてたんですから。

↓こちらの飾りはこの形が多い。
061225a.jpg

↓1ヶ月以上、町はクリスマスムード一色なのです。
061225b.jpg


ところが!!

町は何だか夜になってもえらく静か。
頭から酒を浴びて踊ってる風景を想像していた私は、
何だか拍子抜け。

クリスマスだからといってバカ騒ぎをするでなく、
どうもみなさん、おうちでおとなしく、家族で過ごしているみたい。

公共交通のバスはお休みだけど、
お店は結構やっていて、レストランも普通に開いてました。


なーんだ、たいしたことないや、残念と、
ホテルに戻ったんですが…。

時計が夜中の12時をさすやいなや、
『ドカーン!!!ドバーン!!バリバリバリ!!!』
ありえない大音響が!!!

なんだなんだと、焦ってホテルの屋上に出てみると…、

町中には煙と火薬の匂いが充満し、
夜空にはパトリオットミサイルの嵐!!!
ではなく、ミサイル花火と打ち上げ花火の嵐!!!

バクチクとミサイル花火の音で耳はキンキンするし、
空はいろんな花火でまっかっか。
みなさん、自宅の庭やら、屋上から、
日本じゃ個人で買えないだろなというような
大玉花火をガツンガツンあげてます。
しかも、黙々と。夜中の12時に。


ぼーぜんとする私達。


これが、、、これがクリスマスの行事???
ふ、不可思議な…。
消防署や警察に文句を言われないのか??

まぁ、クリスマスに花火と言うのも、
乙なもの、、なのかな??
初めての海外でのクリスマス。
なかなかにパンチのあるものでした。いやはや。
2006.12.25 Mon l グアテマラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。