上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は、先日のカリの日本語教師研修会で知り合った
浅井先生を訪ねて、ハベリアナ大学へお邪魔した。
今日は授業はないんだけど、ちょうどこの日から
「日本文化週間」というのがあるそうで、その準備に同行することに。

日本文化週間は、合気道の実演をやったり、
日本の映画やアニメの上映会、名前の漢字書き、折り紙の展示などを行う。
僕達は午後からリマに飛ぶ予定だったので、あまり参加できなかったけど、
飛行機の予定を遅らせようかと思うぐらい、もう少し参加したかった。。

↓折り紙の展示。これをコロンビア人が作ったからビックリ!
061024a.jpg

↓浅井先生、日本語クラスの学生達と。
061024b.jpg

↓大学の風景は日本と一緒。
061024c.jpg


でも、日本文化そっちのけでビックリしたことがある。
それは、学校内、美女だらけということ!
コロンビアは、もともと美女が多い。
それも、首都に来れば、その確率がグンと上がる。
さらに、大学へ行けば、ピチピチの美女ばっかりなんです!!

なかなか面と向かってお願いできないので、遠くから隠し撮り?してました。

↓大学にいた美女。彼氏付きですが。
061024d.jpg

↓大学近くのレストランの店員さんと一緒に。実物はもっとキレイ!
061024e.jpg

写真が少なくってゴメンナサイ。。
コロンビアへ行かれる際は、ぜひ大学へ!
スポンサーサイト
2006.10.24 Tue l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
僕達は、ワン・ワールドの世界周遊券というエア・チケットで旅してます。
でも、有効期限が1年間なのに、南米を旅しすぎたため、
前回使ったのが7ヶ月半前。笑
しかも、当初の予定はブラジルのリオ・デ・ジャネイロ発だったのに、
そこまでも到底行けないので、ルート変更しました!
何箇所変更しても手数料は同じ(125USドル)だから、全部見直しました。
新しいルートは、以下の通り。

・コロンビア→ペルー
・ペルー→メキシコ(以後、中米を陸路移動)
・パナマ→プエルトリコ
・プエルトリコ→ドミニカ共和国
・ドミニカ共和国→アメリカ・ニューヨーク
・アメリカ・ニューヨーク→フィンランド
・フィンランド→スペイン
・スペイン→南アフリカ共和国(以後、アフリカ、東欧、アジアを陸路移動)

当初予定していた、アラスカやジャマイカ、中東をやめました。
ペルーに寄るのは、コロンビアからメキシコの直行便がなかったからと、
遣り残したことがあったから。
それは、、アマゾンのシャーマン(呪術師)に会うため!
北米大陸は、何の情報もないけどおもしろそう!ということで、
プエルトリコとドミニカ共和国に行くことにしました。
そして、冬のフィンランドへ!!オーロラを観に行ってきまーす♪


ただ、ちおりの右目の視力がまだ回復しておらず、そっちが心配。
ルート変更する前に、もう1回カリの眼医者(大竹まこと)に電話して、
本当に大丈夫か、カリに戻らなくていいか、確認したんだけど、
「1ヶ月経てば良くなる、もっと私の言うことを信用しろ!」
と言われちゃいました。。だって、胡散臭いんだもん。。
ということで、明日、コロンビアを出発!


※今後行く地域の情報が全くありませんので、
 オススメの場所、知人のご紹介などありましたら、
 情報提供よろしくお願いします!
2006.10.23 Mon l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
ボゴタの裕福な階級が住んでいる地域は、
本当に日本と遜色ないくらいの文化水準。

ショッピングセンターもどでかく、
売ってる服もかばんも日本と変わらないくらい高い!!
そして、おしゃれ。かわいいジャケットがあって、
つい欲しくなるも、金額に断念。。うう。
センターにあるフードコートも、日本と違って
ポジョ(鳥)の店が多いけど、
ハンバーガーなどの値段も変わらない。

貧しい階級では今日食べるものも無いのに、
こんなにも差があるんですね…。


さて、そんなショッピングセンターですが、
日本と同じように映画館もあります!!


せっかくなので、コロンビアの映画を見ることに。
実際にあった事件を基にした映画で、
コロンビアのゲリラと戦っている軍が、
たまたま現金約50億円を見つけた話。

どーだかなぁと思ってみたんだけど、
これがまた面白かった!!
スペイン語がよくわからんから、
他の人と笑うタイミングが合わないけれど(笑)
スペイン語、もっとわかれば
もっと楽しめるんやけどなぁー。残念。。
2006.10.22 Sun l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
夜行バスでコロンビアの首都、ボゴタに到着しました!
早速、ボゴタからバスで2時間くらいの所にある、
「岩塩教会」に行ってきました。
岩塩教会とは、岩塩採掘場の跡に作った教会で、
その広さは80kmもあるとか。

↓こんな十字架があったり。奥は岩塩採掘跡。
061021a.jpg

↓上から見下ろしたメインの教会。十字架は高さ10m程あります!
061021b.jpg


イメージしてた、真っ白な岩塩じゃなくて、
どちらかというと洞窟だったけど、
光のアートのようになってて、結構おもしろかった!
2006.10.21 Sat l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
かおりさんが回っている所に、
10~20歳の貧しい子供達のグループ施設がある。
親がいない子や、親がいても会えない状況にある子供達が、
学校に行きながら、家庭のような環境で育てるように、
NGOが運営してる施設である。

コロンビアは、住宅地区が裕福度で6つの階級に分かれている。
お金持ちが貧しい地区の人の公共料金を支払っている、といういい点もあるが、
その身分差別はひどく、住んでる地域によっては、
入社試験にはじかれてしまう、というような現状がある。

貧しい人がやる仕事に、サトウキビの収穫があるが、
1トン刈り取って、たったの5000ペソ(=250円)。
こんなんでは生計が立てられないので、
物乞いをしたり、ゲリラに入隊する人も多いらしい。

しかも、コロンビアは相続税がないので、
お金持ちはずーっとお金持ち、貧しい人はずーっと貧しい、
という図式ができあがってしまっている。
1%のお金持ちが約50%の国のお金を握ってるとか。
賄賂がまかり通る国だから、お金持ちだと何でもできてしまう。

話を戻すと、この施設に住む子供達も、
小さい頃に麻薬の売買をしたり、殺し屋の運転手をしたりして、
刑務所に入ってしまった子や、親が刑務所に入ってる人も少なくない。
でも、それは昔の話。
今では学校に行って、就職しようと頑張っている。
彼らの夢は、医者や弁護士、サッカー選手、画家になること。
立派な社会人になって、お金持ちになりたいそうだ。

子供達に、3Qの質問にあわせて、次の質問をしてみた。
「お金持ちになったら何がしたい?」

彼らの答えは、
「貧しい人にお金を分ける。」
「大きな家を建てて、そこで貧しい人がご飯を食べたり、
 仕事ができるようにしたい。」

彼らが頑張れば、この国はきっと変わっていくと思う。
2006.10.20 Fri l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本語教師研修会に来ていたかおりさんの誘いを受け、
かおりさんが住んでいる、マニサレスという町に来ました。

マニサレスは、とても美しく、治安もいい小さな町。
近くには、ウルルン滞在記で紹介されたコーヒー農園があります。

仕事で忙しいのに、かおりさんは私達のためにわざわざ時間を割いてくださって、
いろいろ案内をして下さいました。ありがたい!

こちら、マニサレスの町の観光スポット、
マニサレスの町が出来るまでの困難を象ったモニュメントが
据えられている丘です。
↓丘からは周りの山々を一望できます。
  遠くに見えるのはコーヒー畑。キレイ!
061019a.jpg


お昼は、マニサレスで働いているJICA関係の方々と一緒に!
市役所や、地元のNGOや、イロイロなところで活躍されてます。
バスケットや剣道、日本語を教えたり、
恵まれない子供たちの支援をしたり。
日本から遠く離れた地で、頑張っておられる方々のお話を聞くと、
私も頑張らねば!という気にさせられますね。


沢山のすてきな方々とお会いでき、本当に充実した1日でした。
この場をつくろってくださったかおりさん、
そして忙しい時間を割いて遊んでくださった
皆様に感謝!!
いつかまた会いましょうね!
2006.10.19 Thu l コロンビア l コメント (2) トラックバック (0) l top
19日ぶりにカリを発ち、マニサレスに来ました!
ここマニサレスに来たのは、
先日のカリの日本語教師研修会で知り合ったかおりさんに会うため。

かおりさんは、JICAの青年ボランティアとしてコロンビアに来られ、
福祉施設でコロンビアの子供達に教育をしている傍ら、
コロンビアの大学生にも日本語を教えている。(はず?)
今日は、ちょうど大学生に日本語を教える日ということで、
授業を見学させてもらうことに。

普段、授業の進んでいる生徒をかおりさんが教えて、
最近入ってきたばかりの生徒をアシスタントさんが教えている。
でも、コロンビア人の授業のアシスタントさんが、
2人とも来れなくなったらしい。
かおりさん1人ではみんなまとめて生徒を教えなければならず、
生徒にとってもレベルの異なる授業で大変になるそう。
ということで、突然僕が先生代行をすることに!

僕が面倒を見たのは、ある程度進んでいる生徒達。
平仮名は読めて、簡単な挨拶や質疑応答ができるレベル。
日付の読み方(ついたち、ふつか、・・・)を習ったばっかりなので、
その復習と、今日は時間の読み方を教える。

それぞれの時間の読み方(いちじ、にじ、・・・、いっぷん、にふん、・・・)を教えた後、
時計の絵を描いて、
「これは、なんじなんふんですか?」
「しちじ、よんじゅっぷんです。」
「きょうはなんじにおきましたか?」(その後スペイン語訳)
「ろくじです。」
と繰り返す。

「3ふん」だったか、「3ぷん」だったか、僕が段々わからなくなってくる。笑
また、黒板に書く平仮名が、丁寧に書くのに緊張する。
じっくりやってみると、日本語って難しいなぁと実感しました。

その後、日本の歌「ふるさと」を歌い、
日本語の文化を教える、ということで、
仕込んできたNHK「ピタゴラスイッチ」の「アルゴリズム体操」をみんなで踊りました。
大学生にもウケて、いい感じでした!

↓こんな綺麗な教室で授業。「ふるさと」を歌ってます。
061018a.jpg


みんな、日本語に興味があって授業を受けてるので、すごく教えやすかった!
これからも楽しく日本語を勉強してくださいねー!
2006.10.18 Wed l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
ついに、ついにやって来ました。
長かったカリ滞在、本日の病院で終了のはず。
これでウサンクサイ先生ともお別れ!!

どきどきしながら診察室へ。
先生は相変わらず胡散臭いジェスチャー
(両手を大きく広げて不自然な笑顔)でお出迎え。

今日コンタクトをはずされるんだけど、
もしもまた破られたら、本気で暴れてやる・・・、
診察室をぐちゃぐちゃにしてやると、
グッとひざの上でこぶしを握り締める私。


そんな私の密かな決心を知ってか知らずか、
先生は鼻歌交じりでピンセットを掴み、
おもむろに私の右目に・・・。

ピリっとした感覚があって、次の瞬間には、
先生がコンタクトをピンセットで挟み、高々と掲げていたのです!!

「おおーー!」
思わず、私も三太郎も拍手。
先生はさも満足そうにコンタクトをゴミ箱へ。
というか、最初から、そうやって慎重に剥がしてくれたら
一週間も余分に滞在する必要なかったのに・・・。


さて、右目はと言うと、コンタクトをはずしたばかりなので?
あまり良く見えない。

先生はいつもの通り、
「大丈夫、問題ないよ!時間が経てば見えるようになるからね。
 今日で終わりだよ、では、良い旅を!!」


はい、ホントーに!お世話になりました。
できれば、もうお会いしたくないです。。

でもまぁ、終わりよければ全てよし。
後は右目の回復が順調に行くことを祈るばかりです。

さぁこれでカリを去れるぞーー!!!
2006.10.17 Tue l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
旅行中、何が辛いって、無性に日本の食べ物が食べたくなること!!
特に最近、ソース系のものが食べたくてしょうがなかった。
お好み焼き、タコヤキ!!!
しかし、旅先では醤油は手に入っても、
なかなかソースが手に入らない。

ところがところが、超親切なお世話になりまくってるりつ子さんが、
「友人とタコヤキ焼くけど、一緒に来る??」
と誘ってくださったんですね、ワーイワーーイ!!!


喜び勇んでそのお宅に伺うと、コロンビアなのに、なんと
『タコヤキ焼きマシーン(つまりは穴の開いた鉄板)』が!!!

なんでも天理教の信者さんなので、良く日本に行くらしい。
そしてそこで出されるタコヤキが大好きなのだそう。

コロンビアではなかなか手に入らない、高価なタコまで提供してもらい、
早速タコヤキ作り開始!!

みんなでギャアギャアいいながら、タコヤキをひっくり返すんだけど、
最初はヘタックソで半月型のタコヤキが大量にできてしまったけど、
だんだんと慣れてきて、最後の方はもうどこから見てもタコヤキ!

↓ほら、タコヤキでしょ?
061016a.jpg

↓見てください、りつ子さんのこの笑顔!!いらっさいませ~
061016b.jpg


そして、気になるお味はと言うと、、、バッチリ!!!
ソースまで提供して頂き、ああ、もう感動、いうことなし。。。

しかもその後は、カラオケ大会に突入!!
↓マイクに曲が入っていて、テレビに接続するだけで
 カラオケができるスグレモノマイクを利用。
061016c.jpg


私は最近ハマッてるフォークソングを歌いまくり、
もう大満足&ストレス解消!!
最後にみんなでマツケンサンバ(もう古い!?)を踊って終了ー。

ああ、めっちゃおもろかったーーー!!
まさかコロンビアでタコヤキ食ったりカラオケしたりできるなんて、
夢にも思わなかったなぁ。
2006.10.16 Mon l コロンビア l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日ももちろん暇なので、またまた場違いを承知で、
「日本語教育研修会」を見学させてもらいました!
教師でも何でもないのに・・・。笑

この研修会は、コロンビアで日本語を教えている先生方の、
日本語教育での現状や、教育に工夫していること等を発表する会。
コロンビアにはたくさん日本語を教えてる所があるそうで、
この日もカリだけでなく、首都のボゴタからも先生方が来ていた。

「ひらがなは覚えるけど、カタカナは覚えたがらない」
「やる気のある子はいいが、親が行かせてる子は全然聞かない」
といった現状から、
「日本のドラマの『電車男』は、最近の日本の情景をよく映し出してるし、
 今時のドラマでは珍しく、丁寧な言葉遣いでゆっくりしゃべるから、
 学生には比較的聞き取りやすいので教材として使ってる」とか、
その他、日本の絵本を使ったり、歌やゲームを取り入れたりなど、
聞いてて、へぇ~と思わされることがいっぱいで、いろいろ勉強になりました!

↓絵本の読み聞かせのシーン。
061015a.jpg

↓新聞を順に折っていくと、帽子になり、船になり、シャツになる。
061015b.jpg


最近、海外では日本のマンガやアニメがブームになっている。
南米でもポケモンやクレヨンしんちゃん、ドラゴンボール、キャプテン翼など、
いろんなアニメがテレビで吹き替えで放映されているのを見たし、
南米の人と話をしていても、僕の知らない日本アニメのタイトルがたくさん出る。
マンガやアニメが日本語ブームを呼んでるといっても過言ではないです。
(英語もスペイン語も、今では「マンガ」という単語は「manga」です。)

南米で、街中を歩いてると日本語で挨拶されることが多く、
その発音の綺麗さに驚かされる。
それは、日本人からボッてやろうとする声掛けではなく、
日本や日本人が好きで声を掛けてくれるから嬉しい。

こういった先生方の活躍があることを、忘れないでいたい。
2006.10.15 Sun l コロンビア l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。