上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
マテ茶というのは、元はガウチョという、
牧童の飲みもの。

今は、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイなど、
南米で広く愛され、飲まれています。

マテというお茶の葉を容器につめて、
ボンビージャというストローで吸って飲みます。

アルゼンチンやウルグアイでは、ほとんどの人が
MYマテ茶セットをもって、あちこちで飲んでます。
マテ茶のお湯売りが商売になるくらい、
浸透している文化なのです。

こちら私自慢のマテ容器↓
ウマワカで購入!
060610.jpg


このお茶には作法があって、何人かで回し飲みするんですね。
最初に作った人が味見をして、次の人に回す。
飲み終えたら、お湯を足して、また次の人へまわす。
いらなくなったら「グラシアス(ありがとう)」といって断る。
ポットのお湯がなくなるまで、続くんです。


ところで、このマテ茶、アルゼンチン人から聞いたのですが、
実は容器を購入したときに必ずやらないといけないことがあるんです。

容器イッパイまでマテ茶の葉っぱを詰めて、
ぬるめのお湯を注ぎ、一晩置く。
この作業を二回、繰り返します。

この作業を最初にしておかないと、
カビが生えたり、腐ったり、割れたりするそう。
この作業をしたあとのマテ茶容器からは、マテ茶のいいにおいが!

さらに、マテ茶には、マテ茶葉以外に、フレーバーとなる
ハーブを混ぜ込んで、飲むこともできるんです。
うーん、マテ茶、奥が深い!!

スポンサーサイト
2006.06.10 Sat l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top
どこかのおとぎ話に出てきそうな、虹色の山間の美しい小さな村。

バスで落っこちそうな山道を
ガタゴトと3時間ほど走ると、
虹色の山間に、白い美しい町、Iruya(イルージャ)が現れます。

途中の山道↓
060609a.jpg


虹の谷
(写真だと色がわからないかなぁ。。。ホントに虹色なのです)↓
060609b.jpg


イルージャ↓
060609c.jpg


何にも無い小さな町だけど、
この景観を見るだけで十分価値がある!!

2006.06.09 Fri l アルゼンチン l コメント (3) トラックバック (0) l top
アルゼンチンの北西、ボリビアとの国境近くの町、
Humahuaca(ウマワカ)に来ました!

ここは、7色に変化するというウマワカ渓谷が有名なところ。
世界遺産にも登録されてます。
7色の渓谷なんて~、と思ってましたが、来てみてびっくり!
ほんまに7色なんです!!
じっくりと下の写真を見てくださいな。


ウマワカ渓谷にはいくつか町があり、ローカルバスで回る。

↓プルママルカという町。
 ちっこい町ですが、7色の山に囲まれてむっちゃ綺麗!!
060608a.jpg

060608b.jpg

060608c.jpg


↓ティルカラという町。
 プカラ遺跡というインカの遺跡があり、サボテンがいっぱい!
060608d.jpg

060608e.jpg


↓お昼寝するアルパカ。気持ちよさそう!
060608f.jpg


↓ウマワカ。
 綺麗な教会があり、のんびりした町でかなりいい!
060608g.jpg

060608h.jpg


この旅かなりお気に入りの場所です!
アルゼンチン、ボリビアに行かれる方、ぜひ立ち寄ってみてください~♪

2006.06.08 Thu l アルゼンチン l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日はサルタに戻る日。
でも、ただバスで戻るのはつまらないので、
宿が主催する、カチという町や、
サボテン国立公園を通ってサルタに戻るツアーに申し込んだ。

カチは、ちょうどサルタに戻ってから行こうと思ってたから、
ちょうどそこを通るツアーがあってラッキー♪

ツアー参加者は僕らを含めて10人。
でも、途中からは僕ら以外のほとんどが悪路で気分が悪くなって、
ずーっと車で寝っぱなしという状態。。

運転手も途中からやる気をなくし、
ガイドはしないわ、コカの葉を噛んだり、
タバコを吸いながら運転する始末。。

景色はまあまあ良かったんだけど、
人が悪ければツアーも悪くなるという象徴的なツアーでした。。

↓ツアー前半。車の屋根の上に乗って走るのは初めて!
 むっちゃ気持ちよかったー!
060606a.jpg

↓奇岩の間を抜ける道。
060606b.jpg

↓奇妙な形の大木。
060606c.jpg

↓カチ周辺はサボテン国立公園。草原いっぱいのサボテン!
060606d.jpg

↓カチの教会。聖書台もサボテンでできてます!
060606e.jpg

2006.06.06 Tue l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここCafayate(カファジャテ)は、
アルゼンチンの中でメンドーサに次ぐワインの産地。

メンドーサが赤ワインなら、こちらは白ワイン。
Torrontesというブドウの品種が有名です。

となると、行っとかなあかんでしょ、ボデガ!!!
060605a.jpg


今回は、宿が主催している無料ツアーに参加。
午前中にボデガ2件とヤギチーズ工房へ。
060605b.jpg


これがまた、全部おいしい!!!
いいですねー、ワイン。チーズ!!
ヤギのチーズなんて臭いかとおもってたけど、
あっさりしてて結構おいしかったです。

ちなみに、私達が大好きな白ワインはこちら↓
すっごいフルーティーで飲みやすい!ぜひ一度お試しあれ。
060605c.jpg


午後からは、町の近くの渓谷を見にこれまた宿のツアーに参加。

こんな凄い岩壁!↓
060605d.jpg


幹が緑色の木。葉っぱでなく、幹で光合成してるんだって↓
060605e.jpg


オーストラリアのオルガ渓谷を彷彿とさせます↓
060605f.jpg


そして夜は、宿の屋上でアサードパーティ!!!↓
左上から猫が狙ってます。
060605g.jpg


昼間ツアーで仲良くなったメンバーと一緒に↓
060605h.jpg


とにかくこの宿は最高に楽しかった!!
泊まってる人も良かったし、宿の人も親切で気持ちよく過ごせた。
沢山友達もできたし、VIVA,Cafayate!!

2006.06.05 Mon l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近になって、外人さんたちと積極的に話せるようになってきた。
それは、非英語圏のヨーロッパの人たちと話すことが多く、
お互い英語やスペイン語を交えて、ゆっくり話すことができるから。
でも、未だにネイティブの英語は、速くて聞き取りづらい。。

今日、レオというアルゼンチン人に出会った。
そのアルゼンチン人、何が違うって、顔が日本人顔なんです!
祖父母が日系移民とかでもなく、まったくのインディヘナで、
おそらく祖先がユーラシア大陸からベーリング海峡を
渡ってきたのだろう、とのこと。
もしかしたら、僕たちは元々同じ祖先だったのかも!?
いやー、人ってすごいなーと思いました。

で、おもしろいのが、レオとしゃべってると、
日本人としゃべってるみたいで、全然気を遣わないということ。
英語とスペイン語を交えてしゃべるのは欧米人と変わらないのだけど、
欧米人としゃべるような「ドキドキ感」がまるでない。
気軽に声を掛けれるし、
「お茶漬け食べてみない?」みたいな
欧米人には到底できそうもないお誘いをしてみたり。

あまり意識してるつもりはなかったけど、
やっぱり心のどこかに「外人コンプレックス」みたいなのが
あるんだなーと気づきました。

やっぱり日本人は目の青い人に弱いんですね~

↓日本人顔のレオ。アルゼンチン人です。
060604a.jpg

2006.06.04 Sun l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top
サルタの宿に夜中に到着。
移動で疲れて、おなかも減ったし、ぐったりしている私達を、
奥のほうから呼ぶ声が。

「アミーゴ!写真を撮るからこっちにきて!!」
「??」
アミーゴって、今到着したところなんですけど!

それでも、呼ばれた方に行ってみると、
お、アサード(アルゼンチン版バーベキュー)パーティー中!!
んで、遠慮もせず、一緒にパチリ↓
060603a.jpg


「どこから来たの?」
「まぁ良かったら食べて!!」
まーにぎやか!!
あれよあれよと言う間に、一緒に座って呑んで食べてました(笑)


「ところで、ダンスに行かないか?」
むむむ、ダンス!?
実は私、まだこの旅でちゃんとしたクラブに行ったことが無い!
三太郎はサンチアゴで行ったんだけど、
私はそのとき風邪でダウンしてたんだよね。。

「躍りは好きだろう?行こう!楽しいよ!」
せっかく誘ってくれてるんだし、じゃぁ行きましょうかと、
夜中の1時からクラブへバモス(スペイン語でLet's Goのこと)!


そして着いたのが、クラブじゃなくて、バー。
前のほうでバンドが生演奏をしてて、皆はそれを見ながら座って呑んでます。

「ここ、踊るところなの?」
「まぁ、まだ早いから。」
??早い??

なんのこっちゃ分からないけど・・・。
とりあえず、何かしらキツーイお酒のコーラ割りでサルー(乾杯)!!↓
060603b.jpg

大音響の中、ただでも聞き取れないスペイン語がさらに聞き取れず、
怒鳴りながらの会話。意味はよく分からないけど、とにかく楽しいー!!!

酔いも回ってきていい気分になってきて回りを見ると…、
お、踊ってます!!

座って呑んでる人の横で、お肉の乗ったお腹を惜しげもなくさらしながら、
お姉ちゃんお兄ちゃんがガンガン踊ってます!!
興奮して机の上に乗っかって、飛び跳ねてる姉ちゃんまで!!!


ひえー、こういうことかぁ、と思ってみてると、
「さぁ、踊ろうよ!!」
そうですか、踊るんですね、はい。

私達も机をガタガタ除けて、ちょっぴり空いたスペースで
踊る!踊る!!踊る!!!

しかも、皆さん、とってもお上手!!
様になってる、かっこいいー!!

私は日本でもあまり踊りに行ったりはしなかったので、
超へたっぴ。(三太郎よりはましだけど(笑))
ハズカシー。

でもまぁダンスは自己満足ですから。楽しけりゃいい!

呑んで笑って歌って踊って…、↓
060603c.jpg


結局、家路に着いたころは、空が白み始めてました。

帰ってからも、私達以外はキッチン直行。
食べたりおしゃべりしたり。ホント元気…。

おばちゃん、ついていけまへんわ~~。。グッタリ。
2006.06.03 Sat l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top
南米に来ると、見かける風景。
道端で、公園で、また店番をしながら、
みなが丸い容器に詰められた葉っぱにお湯を注ぎ、
それを銀色のストローで飲んでいる。

これが、マテ茶セット。↓
この中に、マテ茶葉を詰めて、お湯を注いで、ストローで飲む。
060507a.jpg


老若男女、誰でもかれでも、マテ茶。
どれだけつっぱってる若者も、
MYマテ茶セットを持って、座って飲んでる。↓
060507b.jpg


マテ茶は、元はガウチョと言う牧夫の飲み物。
彼らはアサードと言う肉のあぶり焼きを食べ、
一緒に、ビタミンCたっぷりマテ茶を飲んでいた。

少し苦いんだけど、病み付きになる味。
日本茶とちょっと似てるかな?
私もハマってしまって、Myボンビージャ
(マテ茶を飲むストロー。先っちょが茶こしの様になってるので、
お茶の葉に直接突っ込んで飲んでも、
お茶の葉を飲むことがない。効率的なストロー!)
を買って、マテ茶を飲んでます。

マテ茶、ぜひ、日本で流行して欲しい!!

今みたいに、ペットボトルに詰まった、
何が入ってるのかわかんない清涼飲料を飲むくらいなら、
自分のマテ茶セットを持って、お湯を継ぎ足しながら、
ビタミンたっぷりのマテ茶を飲むほうが、
おいしいし、体にもいいし、ごみも出ない。

コンビニに行けばポットがあるし、会社には給湯室がある。
お湯なんて、日本ならどこでもタダで手に入る。
急須が必要ないので、手軽だし。
茶葉をコップに詰めて、お湯を注いで、ストローで飲むだけ。


スローライフは、おいしいお茶から。
ぜひ、マテ茶を日本に!!
どなたか、輸入始めてみませんか??

2006.05.07 Sun l アルゼンチン l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回、たまたま友達の台湾人の子達と
出会ったんだけれど、実は南米で、
日本人以外の、アジア圏からの旅行者に
出会うことは、とても珍しい。

(中国人は各地にいるんだけれども、
 彼らは移民として、南米に根付いているんですね。)

060506.jpg


台湾の友人たちの話を聞くと、
どうも、ビザが大変らしい。


日本人は南米で、ブラジル以外、ビザは不要。
でも、台湾人は、
コロンビア・ベネズエラ・ペルー以外、
全て必要


アルゼンチンも、100USD払って、
滞在期間がたったの45日!!!

そりゃあ大変だ・・・。ビザ代、ばかになりません。


日本人のパスポートが狙われる理由として、
日本人は世界中、ほとんどビザ無しで
移動できるから、らしい。

確かに、今回の話を聞くと、納得。
そんなにビザ取らないと旅行できないなんてー。


まぁ、日本には、旅行しやすいパスポートはあっても、
長期旅行するだけの、
休暇をとるシステムが無いんだけれどねーー。。。
カナシイ。涙。。

2006.05.06 Sat l アルゼンチン l コメント (1) トラックバック (0) l top
やってきました、イグアスの滝!
南アフリカ・ビクトリア、カナダ・ナイアガラとともに、
世界三大瀑布のひとつで、世界遺産にもなってます。

今まで滝と言えば箕面の滝(ローカル話でごめんなさい、、)
ぐらいしか見たことなかったけど、
イグアスはそれのウン万本並べても適わないぐらいでっかい!!

滝の落差は60~80mあり、雨季には幅4km、
水量毎秒6万5千トン(!)にもなるそうです!

今は雨季が終わって乾季に向かってるので水量は少し少なめですが、
でもそれが逆に趣が出て綺麗!
それがいいなーと感じるのは日本人だから!?

↓イグアスの滝全景。
060505a.jpg

国立公園内はテーマパークのようになってて、
ビューポイントまで電車が走ってたり、トレッキングルートがあったり、
ビューポイントも滝の上からと下から見れるようになってるし、
またボートに乗って間近から見上げる、といった風になってます。

↓上から見た写真。一歩向こうは崖です!
060505b.jpg

↓下から見た写真。
060505c.jpg

↓ボートから撮った写真。びしょ濡れです!
060505d.jpg

↓最大の見所、「悪魔の喉笛」ことDiablo(ディアブロ)。
 水量が凄すぎて滝つぼが見えません!!
060505e.jpg


滝もすごいですが、周りはジャングルなので、いろんな動物もいっぱい!
↓野生のサル。集団行動で木をジャンプ!
060505f.jpg

↓綺麗な鳥。青いまゆげがあります。
060505g.jpg

↓ゴミ箱の食べ物を狙うアナグマ。
060505h.jpg


翌日にはブラジル側からイグアスの滝を眺める。
(日帰りだとビザは不要で、一応この旅7ヶ国目!)
ブラジル側からだとディアブロの全体が見渡せます。

↓ディアブロ全景。
060505i.jpg

マイナスイオンをいっぱい浴びてエネルギー充填完了!
自然はほんますごいです~!大事にしましょうねー!

2006.05.05 Fri l アルゼンチン l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。